ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

消費増税先送り観測で沸き返る株式相場
いま買っていい株・買ってはいけない株は?

週刊ダイヤモンド編集部
【13/11/22号】 2014年11月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

印税が吹き飛んだ?失敗談を激白
ベストセラー作家に学ぶ投資の基本

 日銀の追加緩和と消費増税の先送り観測で、相場が沸き返っている。これを機に、投資を始めようという人も多いだろう。だがまずは投資の基本をしっかり押さえるべきだ。浮き足立ってはけがをする。

 大ベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の著者で公認会計士の山田真哉氏が、自身の壮絶な失敗談を基に、投資の基本について語ってくれた。


 私が株投資を始めたのは2005年ごろ。ちょうど日経平均株価が1万1000円台から1万6000円台へと跳ね上がった時期でした。ところが、ご存じのように翌年の06年に「ライブドアショック」が起こって、株価は急落しました……。

 現在までに総額で約2500万円投資しましたが、最大で1500万円の含み損を抱えた時期がありました。アベノミクス相場のおかげで、今はようやく含み損が200万~300万円まで減ったところです。

 なぜ失敗してしまったのか。損をしたくないという気持ちが強かったんです。だから株価が急落する局面で、ある銘柄は放置して上がるのを待ち、またある銘柄はナンピン買い(保有銘柄の株価が下がったときにさらに買い増しして平均取得単価を下げること)に走りました。

 なぜ早く損切りしなかったのか、と思われる方も多いでしょう。損切りするということは失敗を認めるということ。人間というのは失敗を認めたくないんです。自分が見込んだ銘柄はいずれ必ず上がるはずだから、ナンピン買いしておけば大もうけだ、と思い込んでしまったんです。結果を見ると、ナンピン買いした銘柄ほど含み損が残ってますね。

 それ以来、ナンピン買いはきっぱりやめました。ナンピン買いするくらいなら、その資金でもっといい銘柄を買った方がいい、ということに気付くくらいには進歩しました。銘柄数を増やした方がリスクヘッジにもなりますし。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧