ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第56回】 2014年11月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

世界の高速鉄道の現状を網羅した
鉄道ファン必見の一冊
『新幹線と世界の高速鉄道 2014』

1
nextpage

今回ご紹介するのは『新幹線と世界の高速鉄道 2014』です。東海道新幹線が開通して今年で50周年を迎えます。日本の経済成長を支え続けてきた新幹線ですが、現状はどのようになっているのでしょうか。世界の現状をまとめた、鉄道ファンにはたまらない一冊です。

日本だけでなく世界の
高速鉄道を網羅

 東海道新幹線の開業は1964年、今年(2014年)10月1日に50周年を迎えました。車両の更新と高速化が進みましたが、基本的なスタイルが半世紀変わらないのは、50年以上前のグランドデザインが優れていたからでしょう。

『新幹線と世界の高速鉄道 2014』海外鉄道技術協力協会編2014年9月発行。表紙には「のぞみ」「はやぶさ」などの日本の新幹線はもちろん、世界各国の高速鉄道の写真が並んでいます。

 本書は日本の新幹線の歴史、現状、将来の動向を詳細に解説しているとともに、車両メーカーの動向までおさえています。もっと重要なのは、世界の高速鉄道の歴史、現状、将来の計画、企業動向を網羅していることです。これはほかの鉄道書にない大きな特長です。

 50年前に新幹線が登場し、東京・大阪間を3時間30分で快適に高速移動できるようになったわけですが、当時の日本は、東京や大阪のような大都市を含めても道路の舗装率は低く、水道普及率でさえ1960年の時点で53.4%でした。東京都区内であっても井戸のある家が多かったのです。電気洗濯機や冷蔵庫は1960年代後半に普及しますが、60年代前半では、井戸水を使い、たらいで洗濯していた家庭のほうが多かったわけです。ほとんど江戸時代と変わらない生活でした。

 東海道新幹線の開業は、一挙に日本人を「未来の生活」に送り込んだように感じました。21世紀から振り返ると、あの時代に都市間の高速鉄道を構想した鉄道技術者の慧眼に驚くばかりです。

 そして、日本は新幹線を生んだ国であり、高速鉄道が高度に発達した国として現在も世界に君臨しているような錯覚をおぼえます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧