ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

ボーイングから1兆円受注
鼻息荒い東レの炭素繊維

週刊ダイヤモンド編集部
2014年11月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 重さは鉄の4分の1、強さは10倍という炭素繊維の供給でトップに君臨する東レが強さを見せつけている。

日覺昭葊・東レ社長(左)はボーイングとの共同会見の場で、40年以上の取り組みで培われた両社の深い信頼関係について語った

 東レは17日、米ボーイング社と、新型の大型機「777X」の主翼向けに、炭素繊維製の材料を供給することで基本合意したと発表。同時に、2005年に締結した中型機「787」向けの供給契約についても、延長する方向で交渉を進めることを明らかにした。

 787、777Xへの供給契約は10年以上という期間で結ばれる見通しだ。その間の供給総額は実に1兆円を超えるという。仮に契約期間を10年とすると、1年当たりの受注額は約1000億円。東レの14年3月期の連結売上高が1兆8378億円だったことを考えると、いかに大きな契約かがうかがえる。

 40年以上にわたって続く東レとボーイングとの関係だが、787、777Xの先にも、事実上の独占供給契約が続く可能性も見える。今回の契約には、次世代の航空機向けに、材料、成形方法、部品などを共同開発していくことも盛り込まれる予定だからだ。

 これまで東レは、ボーイングの要求する高いスペックの炭素繊維を安定的に供給することに重きを置いてきた。しかし今後は、東レのノウハウと、ボーイングの航空機設計の知識や成形技術、材料への知見を融合させ、「ブレークスルー」(躍進)を起こしていく。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧