ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機

「防衛本能の原点」に立ち返れ!
サイバーセキュリティの基本は「身を守るおしえ」にあり

齋藤ウィリアム浩幸 [内閣府本府参与]
【第6回】 2014年12月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界各国では大臣クラスが
サイバーセキュリティ担当に
なるのは当たり前

 この11月、ドバイでの国際会議にサイバーセキュリティ部門の日本代表(内閣府参与)として出席しました。各国の代表は、FBIや国連、NATO(北太平洋条約機構)の元トップなど、大臣クラスのそうそうたるメンバーです。こうした人たちの真剣なディスカッションを目の当たりにすると、日本の政府や企業のサイバーセキュリティに対する危機意識の低さ、認識の甘さを改めて感じます。

 今やハッカーは世界中に存在し、各国で事件が多発しています。個人のハッカーもいれば、国際的な組織の関与が疑われるケースもあり、その動機や背景もさまざま。米国防衛総省では「外国政府からのサイバー攻撃は戦争行為とみなし、米軍による武力行使も辞さない」との声明を発表しています。世界では“カタチを変えた戦争”が横行しつつあるといってもよいでしょう。

 企業レベルでみても、たとえば過去に米国でソニーのプレイステーションのネットワークにハッカーが不正侵入し、個人情報が大量に流出しました。賠償などを含め1000億円を超える損害が出れば、経営を揺るがす甚大なダメージを受けることにもなり兼ねません。

 しかも、ハッカーたちは手を替え品を替え攻撃してきます。日本では、事件が起こるたびに警察、経産省、総務省、外務省、防衛庁が集まって対策会議を開いていますが、セキュリティ対策には、国際的な専門家との交流・情報交換、世界各国との協力体制の構築、セキュリティ先進国の事例研究・導入などに積極的に取り組むことが不可欠です。各国が大臣クラスのサイバー担当を置き、国際会議に送り込んでいるのもそうしたワケがあるからなのです。

担当者が持ち回りの日本は、
世界から信用されなくなる日が近い!?

 日本は国内の課題と同じ感覚でサイバーセキュリティ対策を考えているようです。日本の官僚は一般に1~3年で異動を繰り返しますが、担当者が持ち回りのような状態では世界から信用されなくなるのは目に見えています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

齋藤ウィリアム浩幸 [内閣府本府参与]

さいとう・ウィリアム・ひろゆき
1971年ロサンゼルス生まれの日系二世。16歳でカリフォルニア大学リバーサイド校に合格。同大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部卒業。高校時代に起業し、指紋認証など生体認証暗号システムの開発で成功。2004年に会社をマイクロソフトに売却してからは日本に拠点を移し、ベンチャー支援のインテカーを設立。有望なスタートアップ企業を育成している。12年には、総理大臣直属の国家戦略会議で委員を拝命し、国会事故調査委員会では最高技術責任者を務めた。また13年12月より内閣府本府参与に任命されている。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2011」選出。2015年6月より、パロアルトネットワークス合同会社副会長に就任。著書に『ザ・チーム』(日経BP社)、『その考え方は、「世界標準」ですか?』(大和書房)。

ご意見は、ツイッター@whsaitoまで。

 


齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機

歴史的に、世界に挑むチャレンジ精神は本来、日本人が持っていた気質。しかし今の時代、日本のお家芸“ものづくり”だけでは新興国に負けるのは火を見るよりも明らかだ。成長へと反転攻勢に転じるために必要なものは何か――。それは革新的なイノベーションを起こすための「世界標準の思考」に他ならない。気鋭の起業家であり、技術者である筆者が、日本が再び世界をリードしていく道はなにかを説く。

「齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機」

⇒バックナンバー一覧