ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

北京五輪観戦ツアーが予想外の不人気
大地震の影響だけでない本当の理由

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第4回】 2008年7月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 北京五輪も前夜だというのに、どうも盛り上がりに欠ける。旅行会社は日本発の観戦ツアー販売に腐心、中国国内でも上海などで競技チケットを手放す動きもある。五輪特需を狙った観光産業も、思惑違いに肝を冷やしている。

 東京のある旅行代理店を訪れた。「オリンピック観戦ツアーのパンフレットはありますか」と聞くと、担当者はしばらく店頭のラックを見渡した後、ようやく2色刷りの「北京オリンピック観戦ツアー」のパンフレットを引っ張り出した。「問い合わせはお客さんが初めてなもんで…」と決まり悪そうにしていたのが印象的だった。

在庫負担が大きく
値引きに出る動きも

 「3泊4日で35万~40万円前後」を相場とした日本発の観戦ツアー、7月第4週を迎えた今でも、いまだ申込客を待ち続けているパッケージツアーがある。体操、水泳、柔道などの人気種目には即日完売したものもあるが、4月の発売以来、「売れ行き好調、キャンセル待ちもあり」と報道されてきた北京五輪の観戦ツアーは販売に苦戦している。

 ANAセールスは7月1日、ツアー代金の値引きに出た。「女子バレーボール準々決勝2試合観戦(3日間)」の29万8000円を19万8000円にするなど、一部コースを値下げしたのだ。

 同社の動きはセンセーショナルに伝えられたが、御三家(ジェイティービー、近畿日本ツーリスト、日本旅行)にはこうした動きはない。ちなみに五輪観戦ツアーを取り扱えるのはJOC公式旅行代理店に指定された8社(ジェイティービー、近畿日本ツーリスト、日本旅行、阪急交通社、西武トラベル、ANAセールス、トップツアー、西鉄旅行)に限られている。

 しかし、各社その在庫負担は大きい。ホテルの客室を通常の5倍以上の料金で、しかも「1棟買い」や「ワンフロア買い」で契約してしまったところもあるからだ。

 現時点で3分の2が埋まっているジェイティービーは残りの販売について「完売に近づける努力をしたい」とするが、値引き以外の訴求方法をひねり出すのは容易ではない。

 旅行会社によっては、競技チケットとホテルを抱き合わせしたパッケージツアーから競技チケットを切り離し、顧客のニーズに近いところで販売をかけようとするところもあれば、値引きはしないが「(キャンセルのあったものなどを)新商品として出す」という企業や法人向け営業にシフトする企業もある。

 その一方で、「旅行会社は買い取った客室を1つでも売りたいはずだ。半額近いディスカウントですら応じてくれるかもしれない」と耳打ちする業界関係者も現れる。交渉の場は水面下に移った可能性もある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧