IoTがビジネスを変える!|ダイヤモンド・オンライン
DOL特別レポート
【第541回】 2014年12月26日
著者・コラム紹介 バックナンバー
ダイヤモンド・オンライン編集部

すべての産業が指数関数的スピードで変化する
シスコが予測する“IoEによる予測可能な世界”とは?

約30分間、IoE(Internet of Everything)によって世界がどのように変わるのかについて、熱弁を振るったジョン・チェンバース シスコシステムズ会長兼CEO Photo:DOL

米大手IT企業、シスコシステムズはすべてのモノやシステムがインターネットに繋がるIoE(Internet of Everything)を提唱している。今後、10年間でIoEに関連するソリューションによって、19兆ドルもの経済価値を生むと言われている。そのIoEが浸透した社会は、どのような社会なのか。同社によれば、 それは“予測可能”な世界になっていくことだという。社会はIoEによってどのように変化するのか。また、“予測可能”な世界とはどのような世界なのか。同社会長兼CEOのジョン・チェンバース氏のコメントを紹介しながら、シスコの描く世界を覗いてみよう。(取材/ダイヤモンド・オンライン編集部 片田江康男)

IoEによってIT企業には
巨大な商機が訪れる

 「次の10年、フォーチュン500のなかの40%の企業は生き残ることはできないと予想されている。すべての会社はデジタルカンパニーに生まれ変わる必要があり、あらゆるものがインターネットに繋がったIoEの世界で、自社の役割やポジションを見つけなければ、生き残ることはできない」

 「変化が続くこと。これが唯一、不変な点だ。ビジネスモデル、モビリティ、クラウド、ビックデータ、セキュリティ、ソーシャルメディア、IoT、アナリティクス……、これらの分野で、同時に、劇的な変化が起こる」

 立て板に水のように、大きなジェスチャーでしゃべりまくる。シスコシステムズ会長兼CEOのジョン・チェンバース氏は、約30分間、65歳という年齢を感じさせないエネルギーに満ちあふれたプレゼンテーションを披露した。

 IoEはInternet of Everythingの略で、IoTのInternet of Thingsと似た概念だ。身の回りの全てのモノにセンサーが埋め込まれ、インターネットにつながり、相互に通信が可能になる技術や状態、仕組みのことを言う。シスコシステムズは単にモノ(Things)がインターネットに繋がるだけではなく、公共施設・サービスなどを包含する都市などのすべて(Everything)が対象だという考え方から、IoEという言葉を使っている。

 IoEによって、膨大なデータがクラウドに集まり、そのデータの分析によって、新たなサービスが生まれることが期待されている。その時、シスコシステムズのようなIT企業にはデータ通信やクラウド、ビックデータ、データアナリティクスなどのソリューションを売る巨大な商機が生まれるのだ。

SPECIAL TOPICS


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧