ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オヤジの幸福論

公的年金が変わったらオヤジ世代はどうなるのか?

後藤順一郎 [アライアンス・バーンスタイン株式会社 AB未来総研 所長]
【第35回】 2014年12月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 これまで公的年金の現状について触れてきました。平均的水準が下がることは残念ですが、それがどの程度なのかが把握できるようになったのは今回の財政検証の大きな効果だとお話ししました。同時に、少しでも将来世代の公的年金の水準を回復させるべく、今後、想定される制度改正を行った場合にどの程度所得代替率(現役時代の手取り収入に対する年金額の割合)が改善するのかも試算されています。

 若い世代の場合、このような変化が自分の人生に与えるのはかなり先の将来なので、変化として実感しにくいでしょう。一方で、すでに年金を受給している高齢者にとっては、この変化のインパクトは大きくなります。では、その中間に位置するオヤジ世代への影響はどうなのでしょうか?&ここでは先日、国によって試算された(1)マクロ経済スライド(人口動態のバランスを取るための給付減額措置)の改正、(2)厚生年金の対象者の拡大、そして(3)基礎年金の加入期間の拡大の三つの影響について見ていくことにします。

デフレ下でのマクロ経済スライド

 まず、マクロ経済スライドについては、十分なインフレ状態にないと機能しない現行の仕組みから、たとえデフレ下にあっても機能するように変えるという案が議論されています。実際、これに向けて政府も検討を始めたと2014年6月17日の日本経済新聞朝刊でも報道されましたが、これは何を意味するのでしょうか?もともとマクロ経済スライドという仕組みは今の受給者の年金額を実質的に減らし、年金財政をサスティナブルな状態に持っていくことを狙っています。平たく言えば、今の受給者の年金減額分を将来世代に持っていくイメージになります。これをデフレでも実施できるようにすると、早いペースでサスティナブルな状態になりますから、これ自体は年金財政にとっては良いことです。では、オヤジ世代の一個人の視点から見るとどうでしょうか?マクロ経済スライドの発動が遅れると、オヤジ世代が退職した後もだらだらと給付額の調整が続き、給付額がどんどん減ってしまいます。いずれにしても、今より年金水準は下がりますが、早期にサスティナブルな状態に入り、給付が確定するのはオヤジ世代にとっては決して悪いことではないでしょう。

次のページ>> 厚生年金の対象者拡大
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

後藤順一郎 [アライアンス・バーンスタイン株式会社 AB未来総研 所長]

慶應義塾大学理工学部 非常勤講師。1997年慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業。97年株式会社富士銀行(現 株式会社みずほ銀行)にて、法人向け融資業務に従事。2000年みずほ総合研究所に勤務し、主として企業年金向けの資産運用/年金制度設計コンサルティングに従事。06年一橋大学大学院国際企業戦略研究科にてMBA取得。同年4月アライアンス・バーンスタイン株式会社に入社。共著書に「企業年金の資産運用ハンドブック」(日本法令 2000年)、「年金基金の資産運用-最新の手法と課題のガイドブック-」(東洋経済新報社 2004年)などがある。

 


オヤジの幸福論

年金支給が70歳支給になるかもしれない。公的年金ばかりか企業年金も怪しくなっている。銀行の金利も微々たるもの。平均寿命が延びるほどに老後が不安になってくる。自分で自分を守るためにどうしたらいいのか。オヤジの幸福のために自分年金について教えます。

「オヤジの幸福論」

⇒バックナンバー一覧