ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close Up

原油安によるルーブル急落が
世界経済に及ぼす三つのリスク

週刊ダイヤモンド編集部
2015年1月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

原油価格がここ半年で半減した。それが産油国ロシアの通貨ルーブルを直撃、1ドル=60ルーブルの水準を割り込み、この1年で3割以上減価した。原油市況に反転の兆しが見えず、ウクライナ問題によるロシアへの経済制裁が続く中、ロシア発の世界金融危機の可能性はないのか。そのリスクと世界経済への影響を分析した。

 クリスマスのロシアでは、両替所の前にルーブルからドルやユーロに替えようとする市民が引きも切らない。あまりの多さに、一部では両替を断る所も出てきた。高級自動車は転売ができるため飛ぶように売れ、もはや予約を受け付けられない店も続出した。誰もがルーブル売りに走る。上図で示したようにルーブルが急落したからだ。

 ルーブルは2014年11月上旬から下がり始め、12月22日には1ドル=54ルーブルと、年初に比べて3割以上下落した。その背景には急速に進む原油価格の下落がある。

 原油安が加速しているのは、世界経済の減速でアジアなどの新興国の需要が減退しているところに、サウジアラビアなどの産油国12カ国で構成される石油輸出国機構(OPEC)の総会(14年11月27日)で、現行の生産目標を据え置くことを決めたためだ。

 原油価格は、下図のように、1バレル=54ドルと、夏場に比べて半減している。ロシアは輸出の75%を原油と天然ガスに頼っており、原油価格が10ドル下落すると、ロシアのGDP成長率を1%押し下げるという世界銀行の試算もある。「苦境から抜け出すには最悪で2年程度必要」。プーチン大統領は12月18日の記者会見で、影響の大きさを認めている。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close Up

激動する世界経済の流れに、日本も無縁ではいられない。政治・経済、企業・産業、社会の注目テーマをクローズアップし、独自の視点、切り口で「詳説」する。

「Close Up」

⇒バックナンバー一覧