ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise
【第138回】 2009年6月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
週刊ダイヤモンド編集部

野村のハイ・イールド債券投信
人気の裏で問われる「販売姿勢」

 野村證券が今年1月から販売している投資信託が、爆発的なヒットを記録している。

 この投信は「野村米国ハイ・イールド債券投信(通貨選択型)」。これは、格付けがトリプルB以下のジャンク債を集めて作られており、高いリターンが期待できるが、リスクも高い。にもかかわらず、募集からわずか3ヵ月で約4500億円にも達する人気ぶり。野村は受付を一時停止、すぐさま同じような中身の投信を新規設定した。

 人気の理由は、昨年末に米国ハイ・イールド債の価格が下落し、短期的な利回りが上昇したためだ。「損失を取り戻したい個人投資家に人気」と、野村のある営業マンは説明する。

 ところが、その裏側で、顧客軽視ともいうべき販売姿勢に疑問の声が上がっている。投資家が望んでいないにもかかわらず、保有する商品を損切りさせて販売しているケースが少なからずあるという。

 ある営業マンは、「安全性を重視する顧客に2本の投信を解約させ、1000万円分のハイ・イールド債券投信に乗り換えさせた」と明かす。この商品の構成は、ダブルBとシングルBで約6割を占める。昨年12月に5%だったダブルB以下のデフォルト率は、今年3月には9%にまで上昇しており、すべての顧客に薦められる商品ではない。

 さらに、野村は米国ハイ・イールド債の海外ETFも取り扱っている。ETFは取引所に上場する投信のことで、株式のように売買が可能だ。販売手数料や保有にかかる費用も安く、投資家にとってメリットは大きい。

 だが、営業マンは「ETFを一緒に案内はしていない」(支店営業部)。それは、「ETFを販売しても証券会社は信託報酬を得られない一方、この投信の販売手数料は3.15%とかなりおいしい率だからだ」と、複数の業界関係者は指摘する。

 これに対し野村幹部は「投資家がETFを求めているかといえば、必ずしもそうではない」と反論する。

 野村は現在、国内営業部門の商品販売額の目標を月間1兆円としている。だが、自社の利益を追求し過ぎると、顧客の信頼を失いかねない。

(『週刊ダイヤモンド』編集部  池田光史)

Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

今週の週刊ダイヤモンド

2014年4月19日号

週刊ダイヤモンド最新号

定価710円(税込)

週刊ダイヤモンドのサイトへ
特集

LINE(全)解明 4億人突破 LINE快進撃

      
  • Part 1 LINE入門 「使えない」はもう許されない!
  • 組織の意思疎通を迅速に! 仕事でLINEを使い倒せ
  • 今日から使えるLINEの基本
  • 1兆円超の企業価値を生んだLINE経営の全貌
  • Column 顧客属性と合致し人気の「ツムツム」
  • Interview 出澤 剛●LINE取締役最高執行責任者(COO)
  • Column スマホ節約アプリを利用し通話料を月3000円減へ
  •   
  • Part 2 SNS覇権交代 “巣移り”する顧客を捕まえろ
  • フェイスブックすら時代遅れ? 世界規模で進む業界地図激変
  • Column SNSの“大通り”を歩くためには金に糸目はつけない Facebook
  • Column 一緒にわいわい遊ぶ“引っ張り”ゲーは救世主になれるか mixi
  • Column カカオと提携もLINEに敗北 次はキャリアへ Yahoo!
  • Column 傘下Vineでメッセージング機能を実装 Twitter
  • Column SNSではなくグーグルサービス利用時の“脊椎” Google
  • Column チャットもできる元祖ネット電話の10年目の戦略 Skype
  • 増え続けるSNSを分類・整理
  •   
  • Part 3 SNSの落とし穴 使用上の注意とマナー
  • 投稿欄に上下関係を持ち込む「ソーハラ」上司が急増中!
  • SNSの森でよく見かけるソーハラ上司図鑑
  • LINEトラブルを回避せよ 親と子が守るべき五カ条
  
underline

週刊ダイヤモンド1冊購読

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧