ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

餅は餅屋で買うのがよい――適切な「データベース」を見つける

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第20回】 2008年4月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 通常、検索はウェブ全体を対象にして行なうが、考えてみればこれは非効率な方法である。たとえば、経済関係のデータを探している場合、それが、オンラインショップや美術館のサイトにあるはずはない。だから、関係のないところは探さず、情報がありそうなサイトを選んで、その内部を捜索するほうが効率的だ。

 「餅を買うのであれば、魚屋や八百屋に行っても無駄だ。餅は餅屋で買うほうがよい」というのは、誰でも知っている生活の知恵だ。しかし、検索エンジンが手軽に使えるようになったために、インターネットの検索ではこれを忘れてしまうことが多いのである。情報収集においても、生活の知恵の原点に立ち戻ることにしよう。

 以下で述べるのは、「組織を限定してその中を検索する」という方法だ。たとえば、日本の文学作品のなかで「親鸞」について書いてあるものを探したいとする。この場合、電子図書館である「青空文庫」を探すことが考えられる。これを実行するには、つぎの2つの方法がある。

(1)グーグルの「検索オプション」で、キーワードに「親鸞」を入れたうえで、「ドメイン」の「検索の対象にする サイトまたはドメイン」を指定する。この場合には、 www.aozora.gr.jp と入力する。

(2)青空文庫を開いて、トップページにある検索ウィンドウに検索語「親鸞」を入力する。

 どちらの方法でも、青空文庫に収録された日本文学の作品の中にある「親鸞」という言葉を検索することになる。

新聞社、大学、図書館

 この方法を用いるには、いうまでもなく、「どのサイトを選ぶか」が重要なポイントだ。

 まず考えられるのは新聞社のサイトだ。「ニューヨークタイムズ」は、2007年9月から過去の新聞記事の検索と閲覧を無料化した。これは情報収集上の大変大きなできごとだ(これについては、『週刊ダイヤモンド』の「超整理日誌」でも近く触れるが、この連載でも、別の回で詳しく述べる)。しかし、残念なことに、日本の新聞では、過去記事の無料閲覧はできない。

 経済関係の統計データについては、この連載ですでにある程度述べた。日本での金融関連の情報なら、日本銀行がよい。政府が経済関係の情報について「餅屋」の役割を果たしてくれないのが、たいへん問題だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
野口悠紀雄氏の最新刊「円安バブル崩壊」好評発売中!

急激な円高と止まらぬ株価下落。日本経済はいまや深刻な危機に。「サブプライムショック」はあくまでも引き金に過ぎない。根本的な原因は、あり得ない円安・低金利政策にある。経済政策の無能を厳しく指弾する痛快経済エッセイ! 1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

本当に使える情報源を求めて、野口教授が広大なインターネット・ワールドを駆けめぐる。各種情報源の特徴から使い勝手まで、辛口コメントを交えて大公開!

「野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道」

⇒バックナンバー一覧