ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術
【第1回】 2015年1月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
赤羽雄二

単語登録を200~300個すれば
メールは何倍も速く打てる

previous page
2

単語登録を200~300個する

 メールや書類作成のスピードを大幅に上げるには、単語登録が鍵になる。しかも10個、20個ではなく、200~300個くらいすると入力が驚異的に速くなり、大変快適に仕事が進む。

 単語登録は誰でも一度は考えてトライすると思うが、多くの単語登録をしたうえで、どう素早く思い出し、使いこなすかがポイントになる。その方法をいろいろ工夫した結果、次のような方法に落ち着いた。自分の好みでどんどん工夫してほしいが、しっかりとルール化することで迷わず登録でき、使えるようになる。

◎頻繁に使う特別なものは、最初の1文字で登録する。60数種類登録が可能
 ・例1:「 あ 」 → 赤羽雄二
 ・例2:「 ぱ 」 → パワーポイント
 ・例3:「 じ 」 → @gmail.com

◎通常は、最初の2文字で登録する
 ・例4:「 おは 」 → おはようございます。
 ・例5:「 よろ 」 → よろしくお願いします。
 ・例6:「 あけ 」 → 明けましておめでとうございます。
 ・例7:「 09 」 → 自分の携帯電話番号
 ・例8:「 じゅ 」 → 会社へのアクセスURL(住所の「じゅ」)

◎最初の2文字で区別できない場合は、第1字+第3字で登録する
 ・例9: 「 ども 」 → どうもありがとうございました。(「どう」では区別できないので)

◎第1字+第3字で区別できない場合は、最初の3文字で登録する
 ・例10:「 あんと 」 → アントレプレナーシップ(「あと」では区別できないので)

◎4文字熟語の場合は、第1字、第3字の漢字の最初の読み
 ・例11:「 けか 」 → 経営会議

◎二人の人に頻繁に送る場合は、一人目の最初の2文字+二人目の第1字(これで重複することはほとんどない)
 ・例12:「 たなに 」 → 田中さん、新崎さん
 ・例13:「 やまひ 」 → 山下さん、久野さん

◎上記に準じて、曜日は第1字+「か」(「かっこ」の「か」)
 ・例14:「 にか 」 → (日)
 ・例15:「 げか 」 → (月)

◎よく使うメールアドレスは、その人の名前の最初の2文字+「あ」で登録する
 ・例16:「 あかあ 」 → akaba@b-t-partners.com

◎ メーリングリストは、「相手先社名・プロジェクト名の第1字+あ」で登録する
 ・例17: 「 すあ 」→ SABCproject@○○.com

 読み方がむずかしい人名、辞書になかったカタカナ名詞等も、また使うと思うときはすぐ登録する。

 私は、最初はいわゆる単語登録だけやっていたが、途中から文章を入れることができることに気がついた。そうするとじつに簡単だ。こういう登録をするようになってから、メールや書類作成のスピードが大幅に上がり、またあまり苦ではなくなった。少ないキー数ですいすい書けて気持ちがよく、スピードアップだけではなく、書くことが楽しくなっていく。

previous page
2
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



赤羽雄二(あかば・ゆうじ) 

東京大学工学部を1978年に卒業後、小松製作所で建設現場用ダンプトラックの設計・開発に携わる。1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。1990年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた。2002年、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命としてブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいる。著書に『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』(ダイヤモンド社)、『マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング』(宝島社)などがある。

 


速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術

赤羽雄二氏は、マッキンゼーで14年間活躍するなかで、同社のソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた人物だ。現在も複数の大企業の経営改革を進めつつ、10 社を超えるベンチャーの経営支援を行ないながら、ブログも週2本書き、年間50 回を超える講演・ワークショップをこなしている。今回はその驚異的な仕事量を実現する仕事術のうち、特に参考になると思えるものをピックアップし、具体的に明かしてもらった。

「速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術」

⇒バックナンバー一覧