ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術
【第1回】 2015年1月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
赤羽雄二

単語登録を200~300個すれば
メールは何倍も速く打てる

1
nextpage

赤羽雄二氏は、マッキンゼーで14年間活躍するなかで、同社のソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた人物だ。1人で7~10のプロジェクトを同時並行的に担当するなどの修羅場をくぐり、独立後の現在も複数の大企業の経営改革を進めつつ、10社を超えるベンチャーの経営支援を行ないながら年間50回を超える講演・ワークショップをこなしている。
今回はその驚異的な仕事量を実現する仕事術のうち、「メール」「会議」「資料作成」それぞれの秘訣を明かしてもらう。

メールはすぐ返信する

 メールは溜めれば溜めるほど悪循環が起きるので、溜めずにすぐ返信するとよい。私の場合、もちろん打合せ中などはチェックできないが、席に戻ったあと、あるいは外部での打合せが終わって移動中などに、1日に20~30回はチェックして返信している。大変だが、溜めたらもっと大変なことになるので必ずやり通している。

 メールをすぐに返信するようにすると、仕事のスピードがかなり速くなる。すぐ返信すると、その返信・質問への返信もすぐ帰ってくるので、あっという間にやり取りが終わる。また、返信の速さに相手が驚き、こちらの熱心さや誠意を感じてくれることも多い。
 メールをすぐに上手に返信するには、心がけ以外にも次のようなポイントがある。

◎メーラーの選定
◎フォルダ分け
◎優先順位をつけない
◎メールを書くスピードを加速する
◎むずかしい内容のメールは翌朝まで寝かせておく

 メーラーは、Thunderbird を使っている。以前はOutlook Express だったが、受信トレイがよく壊れるので、かなり前に切り替えた。メーラーは好みで決めていただければもちろん何の問題もないが、唯一、あとで述べるように個別メールのファイルをフォルダで保存できるもののほうがよい。

 受信トレイをフォルダ分けしている方をよく見かけるが、私はやっていない。分けるとそれを一々見ないといけないので手間どるし、チェックし忘れて大事なメールへの返事が遅れることもあり得るからだ。

 メールに優先順位をつけて返信しようとする人もいるが、私は特にそうしていない。端から返信するほうが無駄がなく、結局速いと考えている。

 メールへの返信を書くことに時間がかかっている人が多いようだが、これは練習、実践を積んで、徹底して加速していく必要がある。まさに「メールを制する者が時間を制する」からだ。『ゼロ秒思考』でお勧めした「メモ書き」を1000ページ(数ヵ月)以上実践すると、メールの返信がかなり速くなる。相手の要求のポイントが素早くつかめ、どう返信すべきかが瞬間的に浮かぶようになるからだ。

 書いた返信内容は、簡単なものであればすぐ発信すればいいが、むずかしい内容のものであれば、いったん翌朝まで寝かせておくとか、せめて10~15分置いて、見直してみてから発信するとよい。そうしないと、「あ、しまった!」と後悔することになる。むずかしい内容のメールを書くには時間がかかる人が多いだろうが、数をこなすうちに、「メモ書き」をするうちに、だんだん慣れてきてほとんど止まらずに書けるようになる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


赤羽雄二(あかば・ゆうじ) 

東京大学工学部を1978年に卒業後、小松製作所で建設現場用ダンプトラックの設計・開発に携わる。1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。1990年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた。2002年、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命としてブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいる。著書に『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』(ダイヤモンド社)、『マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング』(宝島社)などがある。

 


速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術

赤羽雄二氏は、マッキンゼーで14年間活躍するなかで、同社のソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた人物だ。現在も複数の大企業の経営改革を進めつつ、10 社を超えるベンチャーの経営支援を行ないながら、ブログも週2本書き、年間50 回を超える講演・ワークショップをこなしている。今回はその驚異的な仕事量を実現する仕事術のうち、特に参考になると思えるものをピックアップし、具体的に明かしてもらった。

「速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術」

⇒バックナンバー一覧