ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

モーターショーと自動車ディーラーが消える日

米デトロイトショー現地報告

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第195回】 2015年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
GMのブース。新型シボレー「ボルト」の前で記念撮影するGMディーラー関係者。モーターショーは業界ネットワーキングの場  Photo by Kenji Momota

最新情報発信としての機能低下
単なる業界ネットワーキングの場

 「いや、ビックリした。メディアの数が随分少なくなった。(首から下げている入場パスの種類を見て)ほとんどが同業他社の関係者。それに発表の内容、こんなものでいいンでしょうか? これじゃ、ただの新車発表会。昔は、アメリカらしくエンターテインメント性を凝らしながら、“これから会社が目指す方向”をしっかり提示していた。それがいまではすっかり様変わりしてしまった。本当に、ガッカリした」

 10年ぶりにデトロイトショー(正式名称:北米国際自動車ショー)を訪れた日系自動車メーカー関係者はそう言って、表情を曇らせた。

 筆者も彼に同感だ。最近のモーターショー、特にデトロイトショーの劣化が酷い。ワクワクドキドキ感がまったくない。未来を示唆するコンセプトモデルは昨年に続き、今年も出展はゼロ。今年と来年に「売らんがため」のクルマしかステージに上らない。

 しかも、そのほとんどはネット上で、メーカー側が事前にネタをばらしている。以前は、独ニュルブルクリンクサーキットや米デスバレーでの開発テスト風景のスパイフォトやスパイビデオが話題となったが、最近ではそうしたスクープ競争の熱も冷えている。またデトロイトショーの報道陣公開日の前日等に、一部のメーカーはメディアやディーラー関係者向けの独自パーティを開催し、その場で翌日のショー本番に登場する新作を公開している。

 そして最も大きな課題が、「クルマという商品」のネタ切れだ。クーペ、セダン、SUV、さらにはそれらのカテゴリーを融合したクロスオーバー等、ひと通りの外観パターンは出し尽くされている。5~6年毎のフルモデルチェンジでも、いわゆる「正常進化」のケースが多く、新鮮味があまり感じられない。そうした業界の実情を今回、米デトロイト3(GM、フォード、クライスラー・ダッジ)で強く感じた。

 さらに、デトロイトショーの経年劣化の事実を浮き彫りにしたのが、メルセデスとフォードだ。それぞれのCEOが行なったプレゼンテーションの前半で、前週にラスベガスで開催されたCES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショー)の模様を詳しく紹介。イノベーティブな話題はCESで出し尽くした、と言わんばかりだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧