ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

ユニクロ下請けの過酷労働で注目
中国「血汗工場」はそんなに劣悪?

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第171回】 2015年1月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 中国で「血汗工場」という言葉がクローズアップされている。由来は英語の「Sweat factory」で、劣悪な環境下で長時間、低賃金労働を強いられている労働環境を指す。最近ではファーストリテイリング社の外注工場が「血汗(xuehan)工場」の汚名を着せられた。

 「賃金が安く労働時間が長い上、罰金を課される、また労働環境は危険な状況であり、労働組合については民主的プロセスを経て組織されたものではない」――。

 香港を拠点とするNGO団体による潜入調査は、従業員として潜り込んで実態を暴露し、ファーストリテイリング社に改善を要求するものだった。その結果、同社も改善のための行動計画を示すに至った。

先進国水準とは開きがあるが
中国なりに労働環境は改善

 中国の工場の実態が白日のもとに晒されたのはこれが初めてではない。過去にはアップル社の委託工場であるフォックスコン、また、デルやヒューレットパッカード、ナイキなどの中国工場で、「劣悪な条件での労働」が指摘された。

 こうした一連の騒ぎが奏功したのか、「中国の工場での労働条件は近年改善している」という声が聞かれる。労働集約型の工場における労働環境の改善は過去から続く課題であり、中国に外注先を持つ日本を含む外資企業は、大手・中小を問わず、一貫して取り組んできた。たしかに、先進国から見れば眉をひそめるような労働現場かもしれない。だが100%の法律遵守は不可能にせよ、まったく改善の痕跡がないといえば嘘になる。

 今回、NGOの調査対象となったのは「ユニクロ」の外注先だが、中国の工場の実態をよく知る日本人からは「(これら工場が)無茶なことをしているとは思えない」という指摘が挙がった。

 問題があると認められた工場は、主に広州市にあるPacific Textiles Ltd.(太平洋紡績有限公司)の工場「互太(番禺)紡績印染有限公司」と東莞市にあるLuen Thai Holdings Ltd.(聯泰合控股有限公司、実際に問題が発覚したのは買収先である東莞通威服装有限公司)で、いずれもファーストリテイリング社にニット生地とアパレル製品を供給している。ちなみに、Luen Thai社は1980年代に創業し、輸出向けの衣料品加工については30年超という実績がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧