ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

【特集・クラウドと、どう向き合うか(1)】

従来システムとの混在環境で最適化を狙う
――NECのクラウド戦略

松岡 功 [ITジャーナリスト]
【第78回】 2015年2月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

企業がICTシステムを自社で持たず、サービスとして利用するクラウドコンピューティング(以下、クラウド)が着実に広がっている。この仕組みは、ICTベンダー自身にも従来の製品販売からサービス提供へと、ビジネスモデルの大きな転換を迫る。果たしてベンダー各社は、どのようなクラウド事業戦略を描き、これからの激戦市場を勝ち抜こうとしているのか。今回はNECの取り組みを紹介する。

社会インフラを支える
クラウド基盤サービスに注力

NEC システムプラットフォームビジネスユニット担当の石井正則執行役員 Photo:IT&Business

 NECが現在クラウド事業として注力しているのは、「NEC Cloud IaaS」と呼ぶ基盤サービスだ。同社システムプラットフォームビジネスユニット担当の石井正則執行役員は、その特徴について次のように語った。

 「NECは今、全社を挙げて社会ソリューション事業に注力しており、NEC Cloud IaaSはその中でまさしく社会インフラを支えるクラウド基盤サービスとして位置付けている。社会インフラとしてのクラウド基盤に最も求められるのは安心・安全だ。さらに企業ニーズでは、高い信頼性やコストパフォーマンス、環境への配慮、複数環境の統合運用などが求められる。そうした要件を満たしたサービスであるというのが、NEC Cloud IaaSの特徴だ」

 NEC Cloud IaaSは、サーバやストレージなどのICT資源をサービスとして提供する「IaaS(Infrastructure as a Service)」と呼ばれるクラウドサービスで、NEC神奈川データセンターを運営拠点としている。サービス内容は、コストパフォーマンスの高い「スタンダード(STD)」と高性能・高信頼の「ハイアベラビリティ(HA)」の2つを用意し、用途に応じてユーザーが選択できるようにしている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

松岡 功 [ITジャーナリスト]

まつおか・いさお ITジャーナリストとして複数のメディアにコラムや解説記事を執筆中。1957年生まれ、大阪府出身。電波新聞社、日刊工業新聞社、コンピュータ・ニュース社(現BCN)などで記者およびIT系月刊誌の編集長を歴任後、フリーに。主な著書は『サン・マイクロシステムズの戦略』(日刊工業新聞社、共著)、『新企業集団・NECグループ』(日本実業出版社)、『NTTドコモ リアルタイム・マネジメントへの挑戦』(日刊工業新聞社、共著)など。


IT&ビジネス 業界ウォッチ

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧