ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ぼくは「技術」で人を動かす――リーダーの「つまずきと勘違い」に効くレシピ
【第1回】 2015年2月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
高島宏平 [オイシックス株式会社 代表取締役社長]

メンバーどうしの「相性」は無視してかまわない!?
リーダーが「合う合わない」より大事にすべきこと

1
nextpage

チームをまとめ、目標を達成することを課せられたリーダーにとって、チーム内の人間関係で心を痛めている方も多いのではないでしょうか。
「Aさんとは考え方が全然違うので、同じチームだとやりにくくて仕方がありません」
「アイツとはそりが合わないから、別の人と組ませてほしい」
こんな声がメンバーから出てくれば、ついつい解決したくなりますが、その考え方こそが大きな「勘違い」だとしたら?
「悩めるチームリーダーにこそ、『技術』が必要だ」との思いで『ぼくは「技術」で人を動かす』を執筆したオイシックス社長高島宏平氏が、とっておきの「レシピ」を紹介! 連載第1回のテーマは、チームにとっての永遠の課題、「相性」です。

【リーダーのつまずき】
メンバー同士の相性が悪く、
チーム内の分担や配置を決められない

 チームを動かしていくうえで重要なのは、「今いるメンバーをどう配置するか」です。

 部署移動のような大規模なものもあれば、「どのクライアントを任せるか」「新しいプロジェクトは誰と誰を組ませるか」という規模のものもあります。販売担当のパートさんを統括しているチームリーダーであれば、「誰と誰をどの売り場のどの時間帯に配置するか」という采配もチームづくりのうちでしょう。

 「そんなの頭が痛い。難しい」と思うかもしれませんが、これは実に楽しい仕事です。野球やサッカー、バレーボールなど、チームスポーツの国際試合でもあろうものなら、全国民がテレビの前で監督になります。

 「この試合には○○選手を使ったほうがいい」
「いや、俺なら経験を積ませる意味で△△選手を抜擢する」

 人の適性を考えて配置していくのは、人間の基本的な楽しみではないかと思うほどです。

 ところが、多くのリーダーがチームづくりに悩むのは、メンバーどうしの相性の問題を気にするためでしょう。特にリーダーになりたての頃は、「ウマが合わないメンバーどうしを組ませないほうがいいかもしれない」と心配することもよくあるようです。

 また、メンバーのほうから「Aさんとは考え方が全然違うので、同じチームだとやりにくくて仕方がありません」という文句や不満が出ることもあります。

 それについての私の対処法は、「相性は無視する」というもの。

 人間である以上、気が合う、気が合わないはあると思いますが、相性が気にならないくらい、勝利というゴールに向かって必死になってほしい―そう私は考えています。

 そもそも、相性が気になったり「同僚の態度が気に障ってしようがない」という不満が出たりするのは、仕事に対して一生懸命になれていないときです。

 目標もなく、会社は平和。「なんとか勝たなければ」という緊張感がないとき、人はゴールなど意識しません。暇だから社内の些細なことが気になり「あの人がイヤだ」となります。

 一方、努力すべき目標が定まり、夢中になってがんばっているとき、人はまわりの人との相性などどうでもよくなります。

 たとえばサッカー選手は、絶対に勝つと必死になっているとき、「こいつからパスをもらうの、ちょっといやなんだよね。性格もむかつくし」という不平は持たないでしょう。試合の前後にいろいろあっても、いったんピッチに立ったら関係ありません。勝つために必要なそれぞれの力を出しあうしかないとなれば、相性は関係なくなります。

 リーダーがゴールを明示し、メンバーが夢中になれれば、相性などどうでもいいのです。

 もう1つ言えるのは、相性というのは非常に根深いものに見えて、案外、ちょっとした印象で決まる表面的なものも多いということ。

 「あの人は苦手です」と言っていたのに、一緒にプロジェクトに取り組んでみて3ヵ月たったら、退社後に2人で飲みに行くほど仲よくなっていたという話も珍しくありません。

 そういう点からも、初期の配置段階において、相性を気にしすぎる必要はないと考えています。

{チームの相性問題}に効くレシピ1
「相性」は無視する

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高島宏平 [オイシックス株式会社 代表取締役社長]

1973年、神奈川県生まれ。東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻修了。大学時代は、学生の国際交流活動などのサークルに熱中。大学院時代に、自らベンチャー企業を立ち上げ、インターネット事業を手がける。1998年、大学院修了と同時に、外資系コンサルティング会社のマッキンゼーに入社。Eコマースグループのコアメンバーとして活躍。
2000年6月に「一般のご家庭での豊かな食生活の実現」を企業理念とするオイシックス株式会社を設立し、同社代表取締役社長に就任。生産者の論理ではなくお客様の視点に立った便利なサービスを推進し、2013年3月に東証マザーズに上場。
ほかに、開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組むNPO法人「TABLE FOR TWO International」理事、東日本大震災によって被害を受けた東日本食品関連産業の長期的支援を目的とした一般社団法人「東の食の会」代表理事、震災孤児や震災遺児をはじめとした被災児童に対してリーダーシップ教育を行う教育支援事業「BEYOND Tomorrow」の理事をつとめている。
2007年、世界経済フォーラム(ダボス会議)の「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出。2008年に「ポーター賞」、2011年に日経ビジネスオンライン主催「CHANGEMAKERS OF THE YEAR 2011」受賞。著書に、『ぼくは「技術」で人を動かす』(ダイヤモンド社)、『ライフ・イズ・ベジタブル』(日本経済新聞出版社)がある。


ぼくは「技術」で人を動かす――リーダーの「つまずきと勘違い」に効くレシピ

間もなく創業15年、世界で初めて「生鮮食品のネット通販ビジネス」を実現し、2013年には東証マザーズへの上場も果たしたベンチャー「オイシックス株式会社」。このオイシックスを率いる髙島宏平氏を、創業当時最も苦しめたのは、「人」の問題でした。

「こんな寄せ集めのチームで勝てるわけがない!」
「一体感がなく、個人プレーに走るメンバーが多い」
「チームに負け癖がついていて、どこから手をつけていいかわからない……」

経験もカリスマもない26歳の髙島氏が、悩んだすえに見つけたのは、他のリーダーの「スキル」や「技術」を真似すること。「人間性」は真似できないけど、言葉のかけ方や行動習慣といった「スキル」なら真似できる――。
こうした気づきから15年弱、髙島氏がコツコツと集め、この度『ぼくは「技術」で人を動かす』にまとめた「レシピ」の数々から、多くのチームリーダーの悩み、つまずき、勘違いを治療し、さらに勝てるチームづくりに役立つ「レシピ」を紹介します。

「ぼくは「技術」で人を動かす――リーダーの「つまずきと勘違い」に効くレシピ」

⇒バックナンバー一覧