ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
プロが教える実家の片づけ
【第6回】 2015年2月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
渡部亜矢 [わたなべ・あや]

自慢の息子、デキる娘が一番危険!
「ウチはまだまだ大丈夫」がヤバイ

1
nextpage

自慢の息子に忍び寄る
ある日突然ゴミ屋敷の恐怖⁉

 子どもというものは、なぜか「ウチの親は大丈夫だから」「まだまだ元気」と思っています。

 親の老いを認めたくないという子ども心のせいもありますが、実は親のほうも、たまに会う子どもの前ではムリをして元気なふりをしているケースもあるからです。

 特に、注意をしたいのが「母親×息子」の関係です。

 かわいい息子、自慢の息子が帰省となれば、余計なものは見えない場所に隠し、普段よりも手間のかかる料理を作ってかいがいしく世話をやいたりします。そんな元気な親の姿を見て、息子は安心して甘えます。結果、冒頭のように「ウチの親はまだまだ元気、大丈夫」となってしまうのです。

 そして気づいたときには、実家が物であふれている、収拾がつかないという現状にぶつかります。

 いや、それならまだましかもしれません。こういう息子さんに限って、親が亡くなった後に、はじめて今まで見えていなかったものが見えるようになり愕然とする、というケースが少なくないのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  息子 , ,
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


渡部亜矢 [わたなべ・あや]

「実家片づけ整理協会 代表理事」

1965年神奈川県生まれ。銀行、出版社等に勤務後、2012年一般社団法人日本エグゼクティブプロモーター協会を共同で設立、片づけ上手塾 エグゼカレッジ表参道校を開校し代表理事に就任。
2016年より(一社)実家片づけ整理協会で実家の片づけに特化したアドバイザー育成講座を開講中。

実家片づけ整理協会 http://jikka-katazuke.jp/

 

 


プロが教える実家の片づけ

相続、老々介護……高齢化社会をむかえ、さまざまな社会問題が浮き彫りになっている現代の日本において、今一番注目を浴びているのが「実家の片づけ」問題だ。物が豊かさの象徴だった親世代と、シンプルこそが素敵な暮らしだと思っている子ども世代。そんな世代間のギャップを抱えたままはじめた実家の片づけは、間違いなくケンカになって親子断絶、リバウンドを繰り返した結果、ゴミ屋敷化する……。本連載では、そんな最悪の事態に陥らないために、実家片づけのプロが教える、最短・最速・最効率的かつ、リバウンドゼロの、「実家の片づけ」の極意をご紹介していきます。

「プロが教える実家の片づけ」

⇒バックナンバー一覧