ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
1枚のシートで経営を動かす
【第4回】 2015年2月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
宮田矢八郎 [産業能率大学経営学部教授]

「技術的要因と人的要因」
成功と失敗の2層性に気づいていますか?

1
nextpage

経営の成功と失敗は何から生まれるのか。今回は、業績貢献3要因7領域の紹介と、それぞれの効き目の話です。

経営の成功と失敗に効く
要因とは何か?

 「成功と失敗の2層性」などと小難しい表現をするなと読者の皆様は思われるでしょうがお付き合いください。ここは非常に重要なポイントです。

 私はこの原則を経営の領域から導き出しました。そもそもは「技術的要因と人的要因の2層性」です。「経営成功の直接原因は技術的要因にあるが、人的要因がその苗床として存在し、タイムラグをもって技術的要因に反映していく」という原則です。

 そして、成功を失敗に置き換えても、この原則は当てはまるのです。さらに、経営を人生という言葉に置き換えても、この原則は当てはまるように思われます。ということは、経営と人生、成功と失敗という四つの置き換えが出来るということになります。

 今回はこの原則が導き出された経緯を紹介しましょう。
 図表1が原則の全体像を示したものです。戦略と管理は技術的要因で、図の丸の中を見ればわかるように、それぞれ二つの領域を持っています。人的要因は三つの領域に分けています。そして、数字はこの3要因7領域の業績への「効き目」を表わしています。数字が大きいほど「効き目」が大きいと了解してください。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



宮田矢八郎 [産業能率大学経営学部教授]

 

1948年長崎県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、中小企業金融公庫(現・株式会社日本政策金融公庫)入庫。1999年産業能率大学教授。主な著書に『経営学100年の思想』『収益結晶化理論』『理念が独自性を生む』(以上、ダイヤモンド社)、『禅資本主義のかたち』(東洋経済新報社)、『コンサルティング会計』(PHP研究所)、『情報創出型金融』(金融財政事情研究会)などがある。

 


1枚のシートで経営を動かす

『1枚のシートで経営を動かす』著者で、産業能率大学経営学部教授の宮田矢八郎先生による経営、財務、金融などさまざまな分野の最新動向、トピックをわかりやすく紹介する連載です。

「1枚のシートで経営を動かす」

⇒バックナンバー一覧