ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

3Dプリンターカーは自動車産業の敵か味方か?

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第197回】 2015年2月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
デトロイトモーターショーでの記者会見。手前が話題の3Dプリンターカー Photo by Kenji Momota

 ラスベガス、デトロイトなどアメリカ各地を巡った後、東京に立ち寄った。

 都内で自動車メーカー、自動車部品メーカー、金融機関、商社、コンサルティング企業、そして新聞・雑誌・ウェブサイトの編集部で意見交換をしていると「3Dプリンターカー、テレビで観ました。凄いですね」という話がよく出た。

 ところが、そうした日本の人たちの3Dプリンターカーに関する認識は、筆者がアメリカ現地で取材した事実と大きく異なる場合がほとんどだった。

 そこで本稿では、そうした情報のミスマッチを修正してみたい。

前代未聞の演出にクルマ業界驚愕
国際モーターショー本会場で工作機械を稼働

 2015年1月12日、米ミシガン州デトロイトのCOBOセンター。報道陣に公開された北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー)の本会場で異彩を放ったのが、ローカルモータースの展示スペースだった。

 GMの向い、日産とマツダの隣に「小さな工場」が出現した。そこには大型3DプリンターとNC(数値制御型)の切削加工機が並んだのだ。華やかな雰囲気のモーターショー会場のド真ん中で、本来は「クルマの裏方」である工作機械が正々堂々と実動するとは…。

 3Dプリンターカー(正式名称:3Dプリンテッドカー)の制作時間は、最も手間のかかるボディ本体に40~44時間。その他、約50個のパーツをプリントし、ステアリング、ペダル等の金属部品等と組み付けを行なう。現在、既成の自動車部品はルノー関連のメーカー製が多い。

 同ブースにフロントバンパーが単体で展示されていたので、展示責任者から許可を得て、両手で抱えてみた。見た目は軽そうだが、実際は結構重い。材料はオモチャ等でも利用されるABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂に約20%のカーボンを融合させたもの。強度は鉄やアルミに匹敵する。プロトタイプの3Dプリンターカーでは、ABS樹脂素材を摂氏225~250度で溶解し、1時間あたり36ポンド(約16キロ)を使用。プリントは合計で212階層ある。

 同日の午後4時過ぎ、ショー本会場1階で、ローカルモータースの記者会見が行われた。3Dプリンターを活用した小規模な製造施設「マイクロファクトリー」を世界各地で展開するという。「マイクロファクトリー」は大都市の100マイル(約160km)圏内に建設し、それぞれ約100人が就業。自動車メーカーが現在行っている大型製造拠点型と比較して、トータルの物流コストは97%減少するという(なお、同社の共同設立者でCEOのジョン・ロジャース氏への囲みインタビューの模様は本稿後半で紹介する)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧