ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

好調な企業ほど攻めのIT投資に積極的
「企業間デジタルデバイド」が顕著に

――「IT投資動向調査結果2015」からの考察

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第36回】 2015年2月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

再び低成長の兆しを見せる国内企業のIT投資

 ITRは、国内企業におけるIT投資動向の包括的な把握を目的としたアンケート調査を2001年より毎年実施しており、2014年10月に実施した今回は通算で14度目となる。ITRの顧客企業やWebアンケートの独自パネル会員のうち、国内企業のIT投資の意思決定に関わる役職者を対象にアンケートを依頼し、1095社より有効回答を得た。

 まずは、毎年恒例となっているIT予算額の増減傾向から見る(図1)。2014年度の実績は、前年度と比べて予算を増額したとする企業(「20%以上の増加」と「20%未満の増加」の合計)の割合が23.1%となり、前年度を大きく下回った。

 一方で、前年度より減額したとする企業 (「20%以上の減少」と「20%未満の減少」の合計)の割合も下降し、その分「横ばい」が増加した。全体としてはプラス水準を維持したものの、5年振りの高成長となった2013年度と比較すると投資意欲は減退したといえる。2015年度の見通しについても、IT予算の増額を見込んでいる企業の割合は引き続き低下傾向にあり、低水準の成長にとどまると予想される。

 このIT予算の増減傾向を指数化したIT投資増減指数(20%以上の減少を-20、横ばいを0、20%未満の増加を+10などとして積み上げて指数化した値)の経年変化を見ると、2014年度の実績値は「1.46」で、概ね前年調査時の予想に近い水準に着地した。

 2015年度の予想指数は、1ポイント台を割り込む「0.97」であった(図2)。リーマンショックの影響を受けて大きく落ち込んだ2009年以降低成長を続けていたが、2013年には大企業を中心にアベノミクス効果の影響によりリーマンショック以前の勢いを回復したとみられたが、2014年はその勢いが鈍化した。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。現在は大手ユーザー企業のIT戦略立案・実行のアドバイスおよびコンサルティングを提供する。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧