ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
為替市場透視眼鏡

リスクオフ相場に反転の兆し
ドル円は蛇行しつつも新高値へ

田中泰輔(ドイツ証券グローバルマクロリサーチオフィサー)
2015年3月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今年はリスクオンとオフの相場の地合いが数カ月ごとに繰り返されそうだ。米経済は堅調に自律回復しつつあるが、米国以外の世界は緩慢な回復にとどまっている。ドル建て取引の資源など商品相場は、世界需要の伸び悩みで軟調なところに、強い米経済を背景にした“強いドル”が追い打ちとなり、一段安となった。

 昨年来、“強いドル”は原油価格の急落を促す一因となった。“強いドル”の対極では、ギリシャ問題で動揺するユーロの急落も加速した。上のグラフの通り、原油価格もユーロの対ドル相場も見事に連動する。資源輸出に頼る新興国は、商品市況悪化、ユーロ不安、ドル高と米利上げ観測が懸念されて脆弱化した。こうして市場は先行き不安におののき、リスクオフに傾き、日欧国債はマイナス金利の領域に押し込まれた。

 世界経済の回復が緩慢な一方、利上げ前の米国を含め、世界の中央銀行の多くは大胆な金融緩和を継続中であり、投資先を求めるマネーが溢れている。昨年8~10月に急増したリスクオンポジションが、実体経済の鈍さに焦れて巻き戻された。下落相場に転じたことでリスクオフ要因が見直され、今年1月の暗たんたる相場になった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


為替市場透視眼鏡

FX、外貨投資家のニーズに応えた為替投資家向けコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、為替相場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「為替市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧