ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
佐高 信の「一人一話」

幼少期に感じた不条理が原点
寺島実郎の実業の思想

佐高 信 [評論家]
【第16回】 2015年3月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本における経済小説のパイオニアの1人である作家の横光利一は、株をテーマにした小説『家族会議』の「作者自身の言葉」にこう書いた。「ヨーロッパの知性とは金銭を見詰めてしまった後の知性」であるのに、「日本の知識階級の知性は利息の計算を知らぬ知性である」と。

 しかし、たとえ、「利息の計算を知った知性」でも、日本の経済論の系譜は2つに分かれる。長谷川慶太郎、堺屋太一、竹中平蔵と流れるバブル派と、城山三郎、内橋克人、そして、寺島実郎や私の、いわば理念派にである。前者を虚業派、後者を実業派と言ってもいい。

筑豊で過ごした幼少期が
社会観の原点

 寺島の確かな説得力は、良質の「実業の思想」から生まれる。数字を精神論で膨らませて無謀な戦争に突入した軍部やその便乗者に対して、数字を無視できないし、武力によって国民の生活は保持できないと抵抗した、数少ない実業の思想の持ち主がいた。筆頭が石橋湛山だが、湛山賞を受賞している寺島は、まさにその衣鉢を継ぐリベラリストである。

 寺島と私は最初、宮城県知事だった浅野史郎の仲介で夕食を共にし、それからまもなく、『俳句界』の2007年9月号で対談した。そこで私が「佐高信の甘口でコンニチハ!」という連載対談のホストをやっていたからである。

 「普段は国際問題について話をしている寺島さんに俳句の話から切り出すのもなんですが、俳句に興味はおありですか」私がこう問いかけると、寺島は、「それがなんと、僕は俳句に縁があるんですよ」と答え、祖父が羅雨という俳号を持つ俳人で、『北海道新聞』の俳句の選者をしていた、と打ち明けた。父親は炭鉱の労務問題の担当者で、九州から北海道に移ったという。寺島は私より2歳年下で、寺島の兄が私と同い年になる。それで似たような「社会観の原点」を保有しているが、寺島は筑豊の炭鉱でそれにぶつかった。

 「僕が物心つく頃は中小の炭鉱はどんどん潰れていき、学校に弁当すら持って来られない子供たちが増えてきた。おふくろは給食運動を一生懸命やっていた。僕の身近な友達にも、仕事を求めて他所に行った父親が帰ってこないので、幼い姉妹のお姉ちゃんの方がその辺でザリガニを取って醤油で煮て妹に食べさせているのを目の当たりにした。忘れられないシーンです。でもね、その時代に個人の力でパンを1個あげたってどうしようもない。人間の情熱だけでは解決し得ない不条理と戦慄くような怒りを感じ取った瞬間というのが筑豊での体験でした」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

佐高 信 [評論家]

さたか・まこと 1945年山形県酒田市生まれ。評論家、『週刊金曜日』編集委員。高校教師、経済雑誌の編集者を経て評論家に。「社畜」という言葉で日本の企業社会の病理を露わにし、会社・経営者批評で一つの分野を築く。経済評論にとどまらず、憲法、教育など現代日本のについて辛口の評論活動を続ける。著書に『保守の知恵』(岸井成格さんとの共著、毎日新聞社)、『飲水思源 メディアの仕掛人、徳間康快』(金曜日)など。


佐高 信の「一人一話」

歴史は人によってつくられる。ときに説明しがたい人間模様、ふとした人の心の機微が歴史を変える。経済、政治、法律、教育、文化と幅広い分野にわたって、評論活動を続けてきた佐高 信氏が、その交遊録から、歴史を彩った人々の知られざる一面に光をあてる。

「佐高 信の「一人一話」」

⇒バックナンバー一覧