ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
0ベース思考 どんな難問もシンプルに解決できる
【第2回】 2015年3月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
スティーヴン・レヴィット [シカゴ大学経済学部教授],スティーヴン・ダブナー,櫻井祐子

いま、世界一読まれている思考法ってどんな考え方?
「0ベース思考」を身につけるごく簡単な方法

1
nextpage

いま、世界で最も読まれている思考法「0ベース思考」とは、いったいどんな考え方か――?
レヴィットとダブナーによる書籍『0ベース思考』は、全米で超異例の初版50万部で刊行され、シリーズ750万部を超えるなど、欧米を中心に爆発的な話題となり、いまや日本でもベストセラーリストを賑わせている。
本連載では、かつて『ヤバい経済学』で一世を風靡した著者コンビによる、世界中の読者の目からウロコを落としまくっている同書の冒頭部分を全3回で紹介する。第2回の今回は「0ベース思考」を身につける方法についてだ。

人は「みんなの利益」より「自分の利益」を優先する

 「自分の利益とみんなの利益が相反するとき、どうする?」と聞かれて、「自分の利益が大切だよ」と白状する人はまずいない。でも生まれつきか育ちかはわからないが、たいていの人がみんなの利益より自分の利益を優先することは、歴史がはっきり証明している。そのこと自体は別に悪いことじゃない。それが人間ってものだ。

 でも貧困撲滅とか行政改善とか公害を減らすとか子どものケンカをやめさせるとかみたいに、いざ自分だけの小さな成功を超えた、大きな望みをかなえようとすると、とたんに人間の利己的なインセンティブに悩まされることになる。みんなが好き勝手バラバラに動いているとき、同じ方向に向かせるにはどうすればいいんだろう?

 ぼくたちはこういった問題に答えるために、この本を書いた。

 最近の風潮として、問題を解決する方法には「正しい」方法と「まちがった」方法があるという思い込みをもつ人が増えている。こういう考え方でいると、言い争いがどうしても増えるし、残念なことに、解決できるはずの問題も解決できなくなってしまう。

 これを何とかできないだろうか? きっとできるはずだ。

 正しい方法とまちがった方法、かしこい方法とおろかな方法、赤信号の方法と青信号の方法があるなんて思い込みを、ぼくたちはこの本を書くことで葬りたい。

 現代社会ではもう少し建設的に、創造的に、合理的に考えることが必要だ。ちがう角度から、ちがう筋肉を使って、ちがう前提から考える。やみくもな楽観も、ひねくれた不信ももたずにすなおな心で考える。つまり、コホン、フリークみたいに考えるってことだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


 

スティーヴン・レヴィット [シカゴ大学経済学部教授]

 

シカゴ大学経済学部教授。ハーバード大学(経済学)を最優等で卒業後、MITで経済学のPh.D.取得。94年から97年までハーバード大学のエリート研究者養成制度ソサエティ・オブ・フェローズのジュニア・フェローに選出。03年、ノーベル経済学賞の登竜門と言われるジョン・ベイツ・クラーク賞受賞。04年よりシカゴ大学ベッカー・フリードマン研究所ディレクターを兼務。06年、タイム誌「世界で最も影響力のある100人」に選出。09年、ノーベル経済学賞を受賞した故ゲーリー・ベッカー、ダニエル・カーネマンらとTGGグループを設立。スティーヴン・ダブナーとの共著に、世界的ベストセラー『ヤバい経済学』『超ヤバい経済学』(ともに望月衛訳、東洋経済新報社)がある。

 

 

スティーヴン・ダブナー

 

コロンビア大学でMFAを取得。同大学で教鞭を執った後、ジャーナリストに。NYタイムズ誌、ニューヨーカー誌、タイム誌ほかさまざまなメディアで執筆を行う。著作にレヴィットとの共著の他、『さまよえる魂』(未邦訳)などがある。

 

櫻井祐子(さくらい・ゆうこ)
幼少期よりヨーロッパやオーストラリアなど、10年以上を海外で過ごす。雙葉学園、京都大学経済学部経済学科卒。大手都市銀行在籍中にオックスフォード大学で経営・哲学修士号を取得。東京在住、一女一男の母。
訳書は、『選択の科学』(文藝春秋)、『イノベーション・オブ・ライフ』(翔泳社)、『100年予測』『エッセンシャル版マイケル・ポーターの競争戦略』(早川書房)、『劣化国家』(東洋経済新報社)など多数。


0ベース思考 どんな難問もシンプルに解決できる

いま、世界で最も読まれている思考法「0ベース思考」とは、いったいどんな考え方か?
その考え方を紹介した書籍『0ベース思考』は、全米で超異例の初版50万部で刊行されるなど、欧米を中心に爆発的な話題となり、いまや日本でもベストセラーリストを賑わせている。
その思考法は「ワールドカップでPKをどの方向に蹴るべきか」といった卑近な問題から「イギリスの公共政策」のような難問まで、あらゆる問題をバイアスをゼロにして考えることでシンプルに解決してやろうという大胆なものだ。
かつて『ヤバい経済学』で一世を風靡した著者コンビによる、世界中の読者の目からウロコを落としまくっている新作の冒頭部分を全3回で紹介する。

「0ベース思考 どんな難問もシンプルに解決できる」

⇒バックナンバー一覧