ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

トヨタ・GM合弁工場NUMMIを買収?
米新興自動車メーカー「フィスカー」の謎

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第9回】 2009年9月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
トヨタ・GMの合弁工場NUMMIの取得に名乗りを上げたフィスカー(Fisker Automotive) は、2007年9月創立の米ベンチャー企業。プラグインハイブリッド車「カーマ(Karma)」(写真)を2010年から販売する予定だ。

 世界の自動車産業界が大転換期にある今、またしても「にわかには信じ難い話」が浮上してきた。

 トヨタ自動車は2009年8月28日、「2010年3月生産分をもって、米カリフォルニア州フリーモント市におけるGMとの合弁事業であるニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング(New United Motor Manufacturing Inc./NUMMI) へのカローラ及びタコマの生産発注を打ち切ることを決定した」と正式発表した。

 NUMMIは1984年にトヨタがGMとの技術提携を具現化するため拠点として設立。従業員数は4700人で、現状での保有株式比率は、トヨタ50%、モーターズ・リクイディション・カンパニー(旧GM)50%である。

 所在地のフリーモント市は、いわゆるシリコンバレーに隣接する地区。全米で最も物価の高いカリフォルニア州唯一の自動車製造ラインだ。北米の自動車関係者は同社を、「ヌーミ(NUMMI)」と愛着を持って呼んできた。日系自動車メーカーにとっては、日米合弁という形態が、アメリカ進出における新たな挑戦のしるしであった。

 だが近年、同施設は建物の老朽化が進み、さらに2009年6月1日のGMの経営破綻を受けて、トヨタ側の動きに自動車産業関係者の注目が集まっていた。

 さて2009年8月中旬、NUMMIに関する「ある噂」が広まり始めた。

 それは「フィスカーがNUMMIを買うらしい」というものだ。

 そこで筆者は、フィスカーの広報担当ディレクターに8月末、この噂の真偽を聞いた。その答えは「確かに我々はNUMMIと交渉している。様々な選択肢があるなか、今後の動きについては現時点で明言出来ない」というものだった。

 過去に一度も自動車の量産経験のないベンチャー企業が、世界自動車市場のトップ2であるトヨタとGMが過去25年間に着々と築き上げてきた生産拠点を買収する、というのだ。眉唾っぽく聞こえるこの話、しかし過去最大の構造転換期を迎えている自動車産業では、いつ何が起こっても不思議ではない。

 とはいえ、フィスカーには謎が多い。

 フィスカーとは一体何者なのか?その実態に迫ってみたい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧