ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
男の復権 ~女は男を尊敬したい~
【第2回】 2008年10月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
池内ひろ美 [夫婦・家族問題コンサルタント]

もしかして、「コミュニケーション強迫症」?

1
nextpage

 今の日本は「コミュニケーション強迫症」にかかっているのではないだろうか。

 誰も彼もが、互いにコミュニケーションをとり共通のビジョンを持ってコンセンサスを得なければならないと強く思い込んでいる。そのいずれもがカタカナ英語。ちょっと、気色悪い。

 そもそもコミュニケーションという概念は日本語に存在していない。存在していないものを行えと、なんだか無茶な要求をされているようだ。

 しかも、それができないということは「コミュニケーションの欠如」であり、存在していない概念を実行できない場合には「コミュニケーション不全」などと呼ばれる。

女性の話し合いは
「私の望む答え」を出すまで

 コミュニケーションをとるために必要なのは、そう、話し合いよ! とばかりに、なんでもかんでも話し合いを求める人もいる。そして話し合いが得意なのはいつも女性である。

 彼女たちの求める話し合いとやらはとても恐ろしい。

 「ちょっと話があるの、そこへ座ってちょうだい」

 彼女からこんな風に言われたら、男性は誰だって身構える。もしかすると叱られるのではないか、ひょっとすると例の件がバレたのではないかと緊張する。世の多くの男性には、いつもなんらかの心当たりがあるものだ。

 腹をくくってコミュニケーションとやらをとるため話し合いに応じてみようか。しかし、うまくいかない。なぜかいつも彼女を怒らせてしまう。

 彼女たちが望む話し合いとは、あなたが「私の望む答え」を出すまで終わらないものだから、そりゃうまくいきっこない。

 彼女の意に反する提案は即座に却下される。勇気を出して彼女の言葉に反論を試みれば、ここぞとばかりにやり込められる。いずれあなたは、彼女の発言が途切れるまでただうなずいているだけのほうがまだマシだと気づく。

 それがコミュニケーションにおける大失敗の原因だとは気づかない。彼女の話を聞いただけで問題解決できたと早合点し関係性のズレに気づきにくくなるのである。

 コミュニケーションを恐れなくてもいい。相手の言葉に戦々恐々とするのではなく、あなた自身の思いを自ら言葉に表してみよう。言葉を発するのは、相手に伝えるためだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


池内ひろ美 [夫婦・家族問題コンサルタント]

1961年岡山市生まれ。96年「東京家族ラボ」を設立。精神科医、弁護士等と協力体制をとり、総合的な家族問題カウンセリング等を行なう。テレビ出演や講演も多数。著書に「夫婦再生レッスン」(健康ジャーナル社)、「良妻賢母」(PHP新書)ほか。

・池内氏主宰サイト「池内ひろ美オフィシャルサイト」「東京家族ラボ」「ファミリー・クラブ」

・池内氏ブログ『池内ひろ美の考察の日々』


男の復権 ~女は男を尊敬したい~

夫の平均小遣い36000円、失われる父親の威厳、激増する熟年離婚、etc・・・。男が生きにくい時代だからこそ、もっと素敵な男性が増えてほしい。女というフィルターを通して、『男の復権』について考える。

「男の復権 ~女は男を尊敬したい~」

⇒バックナンバー一覧