ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
柏木理佳 とてつもない中国

横浜中華街にも深刻なダメージを与えた中国食品問題

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]
【第3回】 2008年2月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2月7日から中国のお正月、いわゆる旧正月が始まった。世界中、中国人が経営する店はどんな日も休みなしで開店しているが、この期間だけは1週間も閉店する。日本はお正月といえば実家に帰省する人が多いが、中国でも同じである。都市部に出稼ぎに働きに出かけている人も旧正月だけは必ずといっていいほど地方に帰省する。日本にいる中国人の場合は、帰省先は中華街に集まる。ギョーザを作って食べるのが旧正月の通常のならわしだ。しかし今年ばかりはそうもいかない。

 1月28日頃から騒がれだした中国製ギョーザ中毒事件は、31日にはトップニュースとして日本中を横断した。中国では仮に食品によって死亡者がでたとしてもここまで騒ぎにはならない。

 中国製ギョーザ中毒事件は、1週間経過した今でも毎日多くの時間を割いてテレビで報道されている。スポーツ新聞もこの記事によっていつもより駅売りが増えたそうだ。

 死に至るかもしれない危険性の高い薬品が混じっていたとあって、「中国の食品=薬品=毒物混入」と大変危険な印象が根付いてしまった。賞味期限の偽造をしていた日本の食品会社どころではない。これまで食の安全に無頓着だった人も、もう無関心ではいられない。

中国食品の風評で
直接打撃を受けた中華街

 さて、この中国食品のイメージ悪化に影響を受けているのが、横浜の中華街である。ここ最近の中華街訪問客数をみてみると、それは明らかだ。中国産品の危険性を指摘する報道が出始めた昨年4月ごろから、人は減り始めたが、「段ボール肉まん報道」があった7月には、訪問客は2割減少した。

 今回の中国製ギョーザ中毒事件が発生してからテレビ取材などのために私は何度も中華街に足を運ぶことになった。今回の騒動でさらなる集客悪化が憂慮されるが、中華街の中でもこの騒動は長引くと懸念されており、なかでも影響は小規模店ほど大きいようだ。ギョーザ専門店はすでに店が閉まっており、看板だけが掲げられていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]

豪州の大学へ進学後、香港にて勤務。1994年、中国の北京首都師範大学漢語科に留学後、シンガポールで会社設立等に携わる。豪州ボンド大学院MBA取得。中国経済の研究員としてシンクタンク勤務後、嘉悦大学准教授。国土交通省道路協会有識者会議メンバーも務める。現在、嘉悦大学付属産業文化観光総合研究所客員主任研究員、北東アジア総合研究所客員研究員、NPO法人キャリアカウンセラー協会理事。2015年、桜美林大学院にて博士号取得。柏木理佳ホームページ


柏木理佳 とてつもない中国

驚異的な成長の中で、社会や経済の歪みを孕む膨張大国・中国。中国経済の専門家が、日本人には驚きの中国の知られざる現状をレポートする。

「柏木理佳 とてつもない中国」

⇒バックナンバー一覧