ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
上久保誠人のクリティカル・アナリティクス

英国はなぜ西側で一番にAIIB参加を決めたのか

上久保誠人 [立命館大学政策科学部教授、立命館大学地域情報研究所所長]
【第103回】 2015年4月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo:Zerbor-Fotolia.com

 中国が計画する「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」に、40ヵ国以上が参加を表明している。2014年10月に北京でAIIB設立の覚書が調印された時、参加を表明した21ヵ国に、米国の主要な同盟国はいなかった。だが、AIIBの仕組み作りに関わる「創設メンバー」の申請期限である3月31日を前に、雪崩を打ったようにさまざまな国が参加へと方針転換した。

「40ヵ国以上がAIIB参加」の
流れを生み出した英国

 この流れを生み出したのは3月11日に参加表明した「英国」である。英国に続いてフランス、ドイツ、イタリア、そして韓国、オーストラリアという米国の同盟国が相次いで参加表明し、トルコ、ブラジル、エジプト、そして台湾など投資を受ける側となる国々の参加も決まった。英国にAIIBが入ることで、中国の言いなりにならなくてすむ度合いが高まったからだという指摘がある(英紙FT記事“Aso remarks show Japan dilemma over China-led bank”)。「英国は中国に屈した」という見方が広がっているが、一方で、「英国は、中国に恩を売った」というのも、あながち的外れとはいえない(英紙FT記事“How David Cameron lost, and then won, China”)。

 英国は「中国に透明度の高い投資をさせるためには、AIIBに入らず外から批判するのではダメで、創設時から加盟し、内側から監督し、経営を改善していく必要がある」と、AIIB加盟の正当性を主張している(英紙FT記事“’Accommodating’ Beijing may be no bad thing”)。現在の英国に、その力量があるかはわからない。だが、少なくともいえることは、英国にはさまざまな「成り上がりの新興国」と長年対峙してきた、高い「経験値」があることだ。

ロシア、中東、南米、アフリカ、そして米国
「成り上がりの新興国」と付き合ってきた英国の経験値

 端的な事例は、エネルギーを巡ってロシアと100年以上に渡って対峙してきた経験だ。この連載では「英露関係」について何度か論じてきた。英国は、英国亡命中の反プーチン派リトビネンコ氏急死事件について、さまざまなリソースを利用しての巧みな外交術で、ロシアと対等に渡り合った(前連載第10回前連載第59回)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上久保誠人 [立命館大学政策科学部教授、立命館大学地域情報研究所所長]

1968年愛媛県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、伊藤忠商事勤務を経て、英国ウォーリック大学大学院政治・国際学研究科博士課程修了。Ph.D(政治学・国際学、ウォーリック大学)。博士論文タイトルはBureaucratic Behaviour and Policy Change: Reforming the Role of Japan’s Ministry of Finance。

 


上久保誠人のクリティカル・アナリティクス

国際関係、国内政治で起きているさまざまな出来事を、通説に捉われず批判的思考を持ち、人間の合理的行動や、その背景の歴史、文化、構造、慣習などさまざまな枠組を使い分析する。

「上久保誠人のクリティカル・アナリティクス」

⇒バックナンバー一覧