ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケット感覚を身につけよう
【第1回】 2015年4月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
ちきりん

ちきりんの『マーケット感覚を身につけよう』
出版記念講演会に行ってみた

“社会派”ブロガー・ちきりんさんの2年ぶりの書き下ろし作品であり、発売2ヵ月で7万部に迫る大ヒットとなっている『マーケット感覚を身につけよう』。その出版を記念して開催された講演会は、募集開始から2日で全850席(3会場合計)が売り切れる大人気のイベントになりました。終了後もツイッター上で絶賛の声が止まない講演の内容は、どのようなものだったのでしょうか?
『マーケット感覚を身につけよう』の図解も担当した良知高行氏にイラスト入りでレポートしていただきます。(文・イラスト/良知高行)


ちきりんさんの『マーケット感覚を身につけよう』が発売されて約1ヵ月後。
新宿コクーンタワーで同書の出版記念講演会が行なわれました。

今回、本書のイラストと図版制作をしたご縁で、講演会へご招待していただきました。ありがとうございます。

今回の講演会は、半分は『マーケット感覚を身につけよう』の内容から。
あとの半分はマーケット感覚を活用した事例を紹介されました。
その事例の一部をイラストレポートします。


会場に到着すると、すでに入口に長蛇の列。
500枚のチケットは、発売2日間で完売だそうです。

係の方に案内されて会場に入ると、500人収容のホールがほぼ満席状態なのを目の当たりにして、「こんなすごい本に関わらせてもらってたのか……」と鳥肌が立ちました。

講演会にちきりんさん登場!

挨拶をすませると、大きなスクリーンで「マーケット感覚」についてお話ししてくれました。
さて「マーケット感覚」とは、何でしょうか?

マーケット感覚は「非論理」であり「人間の素直な欲求」です。ロジカルシンキングとセットになって1つの能力になります。

 「マーケット」という言葉のイメージから、「マーケット感覚」は、優秀な人、特別な人だけの能力かと思っていましたが、「人間の素直な欲求」と考えてみると、一気に身近な感じがしてきました。
努力次第で誰でも身につけられるものなんですね!

価値観の違う人のレビューは意味がない。
価値ベースで何が求められているのか身近なもので考えよう。

グルメ情報サイトは、「ぐるなび」や「食べログ」など、すでに大きなプラットフォームがあって、新規参入は難しそうな感じがしますが、ちきりんさん曰く「まだまだ参入の余地はある」ということでした。

誰でも「あれが、あぁだったらいいのに。こういうのが欲しいのに……」と思うことがありますけど、そういう中に大きなマーケットになる種が隠れているのかもしれません。

続いて、ちきりんさんが紹介したのは、『俺のイタリアン・俺のフレンチ』という1冊の本でした。

 「俺のイタリアン」や「俺のフレンチ」(以下、「俺の」)は、東京を中心に大ブレイクしている新業態のレストランです。

基本は立ち食い・立ち飲みのお店に、超高級ホテルやレストランで活躍していたシェフが、続々と転職してきて、活躍しています。

皆さんは、どうして一流のシェフが、「俺の」のような小さな、ステイタスもない職場に転職してくるのか、わかりますか?

そうか! 冒頭で「非論理的(マーケット感覚)」とは、「人間の素直な欲求」って説明していたけど、坂本さんは、シェフの持つ「作る喜び」の欲求という「インセンティブ・システム」を満たしたってことですね!

 「俺の」では、店舗ごとの裁量権を料理人に与えているそうなので、自分の技術とアイディアを活かしながら、仕事に対してより充実感を得られる環境なのではないでしょうか。

講演会が終わったあと、会場の下にあるブックファースト新宿店では、『俺のイタリアン・俺のフレンチ』と、同じくちきりんさんが紹介した『クラウドソーシングの衝撃』は完売したそうです。
すごいプレゼン力!

私は、イラストレーターを生業としていますが、イラストレーターの仕事も「技術とアイディア」を活かす仕事なので、シェフが「作る喜び」を満たされる感じは共感しました。

『マーケット感覚を身につけよう』の中で、「インセンティブ・システム」を理解するのに大切なものとして、「自分の欲求と素直に向き合う」ことが挙げられています(P.172)。

一見すれば「わがまま」に捉えられそうな表現ですが、たしかに、素直に向き合わなければ、本当に作りたかったもの、やりたかったものは見えてきません。
私も、マーケット感覚を身につけられるように「自分の欲求」と素直に向き合おうと思います。

 
良知高行(らち・たかゆき)
デザイン会社のグラフィックデザイナー、フリーのイラストレーターを経て、株式会社悟空へ入社。イラストレーターとして勤務。社外活動として、自身のイラストレーターの経験を書いたブログ「イラストで家を建てました。プロが教えるイラストレーターが仕事をする方法」を運営。
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ちきりん

関西出身。バブル期に証券会社に就職。その後、米国での大学院留学、外資系企業勤務を経て2011年から文筆活動に専念。 2005年開設の社会派ブログ「Chikirinの日記」は、日本有数のアクセスと読者数を誇る。 シリーズ累計23万部のベストセラー『自分のアタマで考えよう』『マーケット感覚を身につけよう』(ダイヤモンド社)、『「自分メディア」はこう作る! 』(文藝春秋)など著書多数。

 


マーケット感覚を身につけよう

超人気“社会派”ブロガー・ちきりんさんの2年ぶり完全書下ろし『マーケット感覚を身につけよう』が、発売開始1か月で7万部を突破する大ヒットとなっています。
この連載では、イラストによる出版記念講演会の特別レポートや、様々なゲストとの対談を通じて、「マーケット感覚」とは何なのか?
なぜ今、そこまで社会に求められているのか? を解き明かしていきます。

「マーケット感覚を身につけよう」

⇒バックナンバー一覧