ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

ちきりんさんと、ゲーム業界開発者の働き方を考える

石島照代 [ジャーナリスト]
【第43回】 2013年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ゲーム業界に限らず、コンテンツ系業界はこの仕事をやりたくて業界入りした人、つまり内発的動機ベースの労働者がとても多い。特に開発職などの場合は、高賃金ありきの外発的動機ベースの労働者は圧倒的に少なく、好きなことができなくなると精神的に参って退職に追い込まれる人も少なくない。
開発者が開発できなくなったら人生終わりとか、むやみやたらと独立、ではなく、違う働き方を模索するにはどうすればよいのだろうか。「未来の働き方を考えよう 人生は二回生きられる」(文藝春秋社刊)の著者、ちきりんさんと一緒に考えてみたい。

ポスト脳トレは「とびだせ! どうぶつの森」!?
高齢者の生活管理や健康維持に役立つかも

ちきりん
関西出身。バブル最盛期に証券会社で働いたあと、米国の大学院留学を経て外資系企業に勤務。2010年に退職後は文筆活動などを中心に、「楽しいことだけをして暮らす」、人生2回目の働き方を実践中。
ブログChikirinの日記
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/
ツイッター
@insideCHIKIRIN

――ブログを拝見しますと、テレビゲームをよく遊ばれているみたいですね。特に今は「とびだせ!どうぶつの森」(ニンテンドー3DS用、以下どうぶつの森)がお好きで、3DSはいつも持ち歩いておられるとか。

ちきりんさん(以下ちきりん) 「すれちがい通信」(本体の電源を入れたままにしておくと、自動的にすれ違った他の人の3DSなどと交信するサービス)が楽しくて、いつも持ち歩いています。(バッグから3DSを取り出して)ほら、すれ違いました(笑)。

――あ、それ私(石島)です…。本当に持ち歩いておられるんですね。「どうぶつの森」のどのような点が、心の琴線に触れたんでしょうか?

ちきりん ひとつは3DSというハードのすばらしさが堪能できること。スマホで簡単にゲームができるこのご時世に、ゲーム専用機を(私を含めユーザーに)持ち歩かせることができるなんて驚愕です。

 あと、インタラクティブなコミュニケーションが多いこと。相手(どうぶつキャラクター)の反応が多彩なので、本当に会話しているような気になる。こういうゲームって、高齢者の生活支援やオレオレ詐欺対策にも役立つと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

石島照代 [ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

 


コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧