ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「ペッパー」は国によって
男の子にも女の子にもなる?

――意外に重要なロボットの“性格付け”

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第341回】 2015年4月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

気になるグーグルの特許

今夏に予約者への発売が予定されているペッパー。注文殺到ですでに予約申込みは終了している(ソフトバンクのWebサイトより)

 突然だが、ロボットの性格作りは、大切なテーマである。

 たとえば、ソフトバンクのペッパーは日本ではひょうきんな男子っぽい性格が多いように思われるのだが、ヨーロッパなどでは女性として捉えられているケースもある。ペッパーのボディ自体はニュートラルにデザインされているので、ペッパーがどんな風に話すのかによって、男子に見えたり女子に見えたりする。

 だが、ロボットがひょうきんなのかエレガントなのかは、ユーザーがやりとりする際に大きな違いを生み出す。ロボットにどんな役割を期待されているのかも、性格付けに大きく左右するだろう。

 そんな中、多数のロボット企業を買収し、謎のロボット開発を続けているグーグルが、ロボットに性格付けができるパテントを取得した。

 グーグルのパテントの特徴は、ロボットの性格を自在に入れ替えたり、同じ性格を別の場所で使ったり、作り替えたりできるという点だ。つまり、ロボットをクラウドにつながったIoTのハードウェアのように捉えて、機能を入れ替えるようなもの。その機能の部分が、性格であるということである。

 こんなパテントが広がると、たとえば同じ見かけのロボットであっても、Aさんの家にいるロボットとBさんの家にいるロボットは性格が正反対だったりすることも出てくるはずだ。

 また、同じAさんの家のロボットでも、家族のメンバーによって異なる性格付けをすることが可能になる。お父さんに対しては、ガミガミうるさい妻風ではなく、優しい女性風に「ゴミを出してね」とお願いをしたり、子供たちに対しては、アニメの人気キャラクター風の性格で「宿題しようね」と言ってくれたりもできるようになるわけだ。お父さんも子供たちも、すぐに言うことを聞くだろう。

 また旅行して別の場所にいても、そこにいるロボットがユーザーを認識して「いつもの」性格を呼び出してくれるということもあり得る。出張先で疲れていても、まるで家族のようにいつものロボットがやりとりの相手になってくれるわけだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧