ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

計画立案と実行は“1:9”の比率で
――吉岡民夫(パナソニック代表取締役専務、エコソリューションズ社社長)

週刊ダイヤモンド編集部
2014年12月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

コンセントやスイッチなど電気を使えるようにする「配線器具」で世界有数のメーカーでありながら、長らく国内市場がメインだったパナソニック・エコソリューションズ社(母体は旧松下電工)。2012年1月にパナソニックの社内カンパニーとして再出発してからは、海外展開を加速させている。現在、エコソリューションズ社を率いる吉岡社長に問題意識を聞いた。(聞き手/「週刊ダイヤモンド」編集部 池冨 仁)

――この11月6日、パナソニック・グループとして、インドでオフィスや店舗向けのLED(発光ダイオード)照明事業に参入すると発表しました。現地で主体となるのは、2007年に買収した老舗のアンカー・エレクトリカルズ社ですが、彼らを統括する立場のエコソリューションズ社としてはインド市場をどのように位置付けているのですか。

よしおか・たみお/1955年、大阪府生まれ。77年、大阪府立大学経済学部卒業後、松下電工に入社。HA・セキュリティ事業部長、ヘルシーライフ事業部長、電器新事業開発センター長などを経て、2011年6月にパナソニック電工取締役兼情報機器事業本部長。13年6月、パナソニック取締役兼エコソリューションズ社社長。14年4月より、パナソニック代表取締役専務兼エコソリューションズ社社長を務める。世界遺産から、F1、ラグビー、AKB48まで、自他ともに認める“好奇心の塊”で、現在は「かつて欧州の経営者との会食時にワインの知識がなくて恥をかいた」ことから、ソムリエ資格の取得を目指している。
Photo : Shinichi Yokoyama

 インドは、最重要拠点の1つです。そして、近年は“インドから西の攻略”が課題でした。インドへは07年に出ていきましたが、14年2月にはさらに西のトルコで、コンセントやスイッチなどの「配線器具」で最大手のヴィコ・エレクトリック社を買収しました。配線器具では、日本、韓国、インドネシア、タイ、ベトナム、インド、台湾、トルコのアジア8カ国でナンバーワンです。

 インドのアンカー社については、M&Aの前に相当細かく調べていたのですが、実際に現地に行ってみると、「開けてびっくり」ということがたくさんありました(苦笑)。アフターM&Aでは、日本企業とはまったく異なるビジネスや価値観の違いに直面しながら、会社としてきちんと機能するための整備に5年くらいかかりました。現在、同社の売上高は約300億円、スタッフは約1万人で、ようやく“成長エンジン”の1つになったという認識です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧