ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
商品市場透視眼鏡

減速も加速もしない世界景気
商品市況の行方はドル相場次第

芥田知至 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部主任研究員]
2015年4月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 国際商品市況全般で、相場の方向感がはっきりしない状況が続いている。1月までは、原油安に連動して他の国際商品にも売り圧力が及んだり、世界景気の減速観測によって国際商品全般が売られる相場であった。しかし、原油の急落には歯止めがかかり、世界景気の減速懸念も緩和する中で、相場の焦点を絞りにくくなっている。

 原油の国際指標であるブレントの相場は、1月中旬を底に上昇に転じたものの、2月中旬以降は頭打ちとなっている。米国の石油掘削設備の稼働数は、一時ほど急減しなくなったものの、減少傾向が続いており、シェールオイルの増産に歯止めがかかるとの期待感を醸成している。しかし、米国の原油生産は高水準を続け、原油在庫も増加傾向が続いている。

 一方、イラン核開発をめぐる協議では、4月2日の枠組み合意を受けて、イラン産原油の増産観測が高まった。しかし、その後のイラン首脳の言動から最終合意には至らない可能性も意識されている。9日に、イラン最高指導者ハメネイ師とロウハニ大統領が、全ての経済制裁が直ちに解除されない限り、最終合意には応じないとの姿勢を強調したと報道され、段階的な制裁解除を主張する米国との立場の違いが鮮明になったからだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


商品市場透視眼鏡

農産物・鉱物などの商品投資家のニーズに応えるコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、商品市場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「商品市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧