ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
格差社会の中心で友愛を叫ぶ

「謎の学費」に悲鳴を上げる親が続出!
高校生ワーキングプア大増殖の真相

西川敦子 [フリーライター]
【第13回】 2010年3月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 駅の公衆トイレで眠るのが美奈(仮名・18歳)の日課だ。

 アルバイト先のキャバクラはラストが午前1時。すでに終電はないので、便座に腰かけてうとうとし、夜明けを待つ。電車が動き出せば、適当に化粧を落として制服に着替え、学校へ。睡眠不足と疲労で授業など頭に入るわけはないが、しかたがない。出席日数はもうギリギリなのだから――

 今、こんな高校生たちが全国で増え続けている。4月から高校無償化が始まるが、それでも高校卒業の危機にさらされる子どもたちが、来年も大勢現れるかもしれない。

 高校生の“卒業クライシス”の実態について、現場に聞いてみた。

「PTA会費で校舎を修繕」!?
授業料の倍かかる「学校納付金」

学校

 全教・日高教・全国私教連が設けた「授業料・教育費緊急ホットライン」。実施は2月11日のみだったが、この日だけで156件の問い合わせがあったという。日高教 小池由美子さんは説明する。

 「私立高校の学費を滞納してしまったがどうすればいいか、といった声が多かったですね。私立だと1ヵ月5、6万円はかかるから、2、3ヵ月滞納しても結構な額になってしまう。払わずにいると、出席停止になったり、試験が受けられなくなったり。中には卒業証書がもらえなくなってしまうケースもあります」

 このほか、「入学金が支払えなくて困っている」という相談も目立ったという。

 高校無償化が実施されても、わが子に高校を卒業させてやれない――

 そんな親が急増している。授業料以外に支払わねばならない費用があまりに多いからだ。

 同組合の「2009 年度高校生の修学保障のための調査」によると、授業料を除いた初年度保護者負担金平均額は、全日制高校の場合、男子が20万5460 円、女子が21万945 円。授業料のおよそ2倍の額である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


格差社会の中心で友愛を叫ぶ

現代社会でなおも広がり続ける「格差」。この連載では、人々の生の声を拾い、悲惨で理不尽な状況に苦しむ姿などから格差の現状を伝えていく。果たして現政権が唱える「友愛」の光はここにも届くのか――

「格差社会の中心で友愛を叫ぶ」

⇒バックナンバー一覧