ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
限りなく透明に凜として生きる――「日本のマザー・テレサ」が明かす幸せの光
【第13回】 2015年4月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤初女 [福祉活動家、教育者]

戦後70年を迎える今、
改めて見直したい「食」と「子育て」

1
nextpage

全国から自殺寸前の人がやってきてそこで「食」をもてなされると活力を得て帰っていく。まさに「ふるさと」のような地が青森・岩木山麓にある『森のイスキア』だ。
1995年公開、龍村仁監督『地球交響曲<ガイアシンフォニー>第二番』でその活躍が世界中で注目された佐藤初女氏。4月17日に1200名を集めた講演会も大盛況、当日500冊超の最新刊が売れたという。
本連載第9回記事『なぜ、子育ての悩みはすべて「食」で解決するのか?』に1万9000超の「いいね!」がついている。
なぜ、この記事に話題が集まっているのか。
93歳の集大成書籍『限りなく透明に凜として生きる―「日本のマザー・テレサ」が明かす幸せの光―』(本記事巻末に購入者特典あり)を通じて、初女さんは今、何を伝えたいのだろうか。

新しいものはいいものと
とらえられてきた戦後


佐藤初女(さとう・はつめ)1921年青森県生まれ。1992年、岩木山麓に『森のイスキア』を開く。病気や苦しみなど、様々な悩みを抱える人々の心に耳を傾け、「日本のマザー・テレサ」とも呼ばれる。1995年に公開された龍村仁監督の映画『地球交響曲<ガイアシンフォニー>第二番』で活動が全世界で紹介され、国内外でも精力的に講演会を行う。アメリカ国際ソロプチミスト協会賞 国際ソロプチミスト女性ボランティア賞、第48回東奥賞受賞。2013年11月の「世界の平和を祈る祭典 in 日本平」でキリスト教代表で登壇。チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ法王と初対面。その際、おむすびをふるまう。『おむすびの祈り』『朝一番のおいしいにおい』など著書多数。(撮影:岸圭子)

 敗戦後70年が経過しようとしています。
 戦争中は勝つまでは勝つまではと一生懸命忍耐して倹約し、必勝を願いました。

 そして敗戦になったと同時に欧米の文化が流れるように入ってきて、これがいいのか、どれがいいのか、判断がつかないほどでした。

 見るものすべてが新しく、いちばん新しいものがいちばんいいもの、そんなふうにとらえがちな世の中でした。
 なかでも食文化が大きな位置を占めて、ごはんは頭が悪くなる、胃が疲れるなどと言われて、パン食が広まりました。

 子育てもそう。ミルクが入ってきて、年寄りは母乳がいいと言っていましたが、当時の若いお母さんたちはミルクがいいと信じていましたね。

 でも、長い目で見てみると、やっぱりそれは間違っていた、昔のほうがよかったと思うことも今、たくさん出てきています。

 食べものだって、わたしたち日本人の体にいちばん合うのはごはんです。体に力が入らないときも、ごはんを食べれば元気になる。

 そして、そのごはんを食べたお母さんの乳房を通して出る母乳は、お母さんの命であり、その命が即、赤ちゃんに通じていくわけです。

 以前、助産師さんから聞いた話ですが、お母さんのお乳も透明なほうがいいんですって。
 昔は皇室に乳母制度がありましたが、乳母を選ぶときに黒いお盆にお乳を搾り、それでお盆が透けて見える透明なお乳を出す女性を乳母として選んだそうです。

 緑の野菜のいのちが変わるときも透明になるように、お乳もそうなのだなと深く感じました。

 欧米食になってから、離乳食も子どもにお箸ではなく、スプーンやフォークを使わせる人が多くいます。でも、やっぱりお箸を使ったほうがいい。

 ある韓国の人と食事をしたときに、箸は日本古来のものなのに、日本人はどうしてスプーンとフォークで食べさせるのかと聞かれたことがあります。

 子どもは親のほうを見ながらマネするので、小さくてもお箸は難しいものではありません。子どもなりにヒントをつかんで慣れますから、やってできたら褒めてあげて、大人はそういう配慮をしたいですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐藤初女 [福祉活動家、教育者]

1921年青森県生まれ。
青森技芸学院(現・青森明の星中学・高等学校)卒業。
小学校教員を経て、1979年より弘前染色工房を主宰。
老人ホームの後援会や弘前カトリック教会での奉仕活動を母体に、1983年、自宅を開放して『弘前イスキア』を開設。
1992年には岩木山麓に『森のイスキア』を開く。
助けを求めるすべての人を無条件に受け入れ、食事と生活をともにする。
病気や苦しみなど、様々な悩みを抱える人々の心に耳を傾け、「日本のマザー・テレサ」とも呼ばれる。
1995年に公開された龍村仁監督の映画『地球交響曲<ガイアシンフォニー>第二番』で活動が全世界で紹介され、
シンガポール、ベルギーほか国内外でも精力的に講演会を行う。
日本各地で「おむすび講習会」を開くとすぐ満員になる盛況ぶり。
アメリカ国際ソロプチミスト協会賞 国際ソロプチミスト女性ボランティア賞、第48回東奥賞受賞。
2013年11月の「世界の平和を祈る祭典 in 日本平」でキリスト教代表で登壇。
チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ法王と初対面。その際、おむすびをふるまう。
『おむすびの祈り』『いのちの森の台所』(以上、集英社)、『朝一番のおいしいにおい』(女子パウロ会)、『愛蔵版 初女さんのお料理』(主婦の友社)、『「いのち」を養う食』(講談社)など著書多数。


限りなく透明に凜として生きる――「日本のマザー・テレサ」が明かす幸せの光

93歳の「日本のマザー・テレサ」がこの20年ずっと温め、最も伝えたかったテーマが「限りなく透明に凜として生きる」。雪深い岩木山麓にある『森のイスキア』の窓外に美しく光る葉は一枚一枚が透明だ。ひと粒、ひと声、ひと手間をていねいに。“今を生きる”と幸福の種が芽吹く。揺れる心をおだやかに整える気づき。年初来続く事件の数々……今こそ「限りなく透明な生き方」を分かち合う必要があるのでは?

「限りなく透明に凜として生きる――「日本のマザー・テレサ」が明かす幸せの光」

⇒バックナンバー一覧