ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
限りなく透明に凜として生きる――「日本のマザー・テレサ」が明かす幸せの光

93歳の「日本のマザー・テレサ」がこの20年ずっと温め、最も伝えたかったテーマが「限りなく透明に凜として生きる」。雪深い岩木山麓にある『森のイスキア』の窓外に美しく光る葉は一枚一枚が透明だ。ひと粒、ひと声、ひと手間をていねいに。“今を生きる”と幸福の種が芽吹く。揺れる心をおだやかに整える気づき。年初来続く事件の数々……今こそ「限りなく透明な生き方」を分かち合う必要があるのでは?

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「限りなく透明に凜として生きる――「日本のマザー・テレサ」が明かす幸せの光」の全記事一覧
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR