ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方
【第17回】 2008年4月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
塩野 誠 [コンサルタント]

プロフェッショナルは組織を選ばない
人的資本力を高める PART(1)

 人的資本とは、知的労働者であるプロフェッショナルが付加価値を生み出すためのスキルや経験といった要素の集合ですが、ビジネス・プロフェッショナルが企業の生み出す付加価値を分析するのと同様に、自分の人的資本のモニタリングをすべきです。

 プロフェッショナルの人的資本は個別の組織に依存せず、持ち運び可能なものです。たとえば、他の企業に転職すると役に立たなくなってしまうようなスキルではなく、組織を選ばずに付加価値を創造できるのが人的資本力なのです。

 東京のある金融機関で数千億円の資産を運用する20代のプロフェッショナルの方に「20代前半なら、どんな人を雇いたいですか?」と聞いたときの回答はこうでした。

 「企業価値評価のスキルや関係法令の知識、英語力などのコミュニケーション力があるのは当たり前だとして、放っておいてもやってくれる自立心のある人がいいですね。あと欲を言えば、時流を読むセンス。そしてグローバルなインサイト(洞察力)とローカルなインサイトのバランスが良い人。でも実際に採用するときは、チームプレイができるかどうかという人間性を一番重視しています」

 また、ある外資系コンサルティング会社の方は「自分が勝負していく核となる能力や個性が、1分間くらい会話しただけで伝わるような凄みや迫力がある人」と答えています。

 この回答を聞くと要求が高すぎると思うかもしれませんが、実際に普通の日本人の20代でこういう人はたくさんいます。こういう人に共通するのは、自己責任で何でも楽しそうに好奇心を持って取り組んでいるところです。自分の環境にグチを言ったり、人のせいにしたりするタイプの人ではありません。

 また、プロフェッショナルであることに年齢は関係ありません。「私はこの道10年です」と言っても、同じような1年を10回やった人もいますし、1年間でも毎日、新しい発見を咀嚼して、何年分もの経験にしている人もいるのです。この章では、若きプロフェッショナルが人的資本力を考えるうえでのヒントを提示していきます。

【INSTALL:ここを脳にインストール!】

■プロフェッショナルは組織を選ばずに付加価値を創造することができる

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


塩野 誠 [コンサルタント]

1975年生まれ。シティバンク銀行、ゴールドマン・サックス証券、べイン&カンパニー等で事業戦略の立案や実行、M&A・投資業務等を担当。現在は非営利団体である企業価値戦略研究会に所属。その活動とともにコンサルタントとして国内外の企業に対し幅広い提言と講演を行っている。


問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方

コンサルタントの思考スキルを学べば、仕事の質が変わる。外資系コンサルを経たプロが贈る最強の仕事バイブル。ビジネスマン必読。

「問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方」

⇒バックナンバー一覧