ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
撤退するアメリカと「無秩序」の世紀
【第8回】 2015年5月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
ブレット・スティーブンズ [WSJ外交問題コラムニスト・論説欄副編集長],藤原朝子 [学習院女子大学]

ヨーロッパを襲う
成長危機とネオ・ファシズム

1
nextpage

極右化する欧州を襲う真の危機とは何か?二〇一七年、仏で国民戦線のルペン党首がサルコジに続いて次点で選挙を終える。緊迫感に満ちた欧州の未来を『撤退するアメリカと「無秩序」の世紀』の著者でもある、ピューリッツァー賞受賞・WSJコラムニストが予測する。

極右化する欧州が直面する
本当の危機

 二〇一七年春、フランスで大統領選が行われた。保守派を率いるニコラ・サルコジ前大統領は、第一回投票で現職のフランソワ・オランドに圧勝した。だが最大の衝撃は、次点が極右・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首だったことだ。

 ルペンは第二回投票でも三四%の票を獲得。父親のジャンマリ・ルペンが二〇〇二年の大統領選に出馬したときは、第二回投票で一八%しか得票できなかった(対するジャック・シラクは八二%)から、国民戦線としては大躍進だ。

 ヨーロッパにおけるネオファシズムの台頭はかねてから予測されていたが、いまやそれは疑いようのない事実となった。

 過去一〇年近く若者の失業率が五〇%前後で推移しているスペインでは、フランシスコ・フランコの崇拝者が復活しつつあった。その多くは、フランコ時代を知らない若者たちだ。

 ベルギーでは排外的な政党フラームス・ベランフが、フランドル地方の政治を牛耳り、ベルギーの解体を強く求めていた。ギリシャの議会選挙では、ネオナチ政党「黄金の夜明け」が一七%の票を獲得。二〇〇九年の〇・九%と比べてこちらも躍進した。

 台頭している過激主義はファシズムだけではなかった。五年で人口の一〇%以上が国外に移住したポルトガルでは、共産党が社会党を上回る左派の最大政党に躍り出た。ヨーロッパ全体でイスラム教徒居住地区(ベルリンのノイケルン区、パリ近郊のセーヌ・サンドニ県、ロンドンのタワーハムレット区など)は、一般社会とは異質の自治区のようになっていた。女性の服装には厳しいルールがあり、たまたまこの地区に迷い込んだ人が自警団に襲撃される事件も後を絶たなかった。

 だが、二〇一七年のヨーロッパ政治の最大の問題は、極左や極右の台頭ではなく、中道の崩壊だった。

 ヨーロッパの指導者たちは長年、ヨーロッパ病の原因を見誤り、その治療に失敗してきた。実のところ、ヨーロッパの問題は「債務」危機でも単一通貨でもなかった(ユーロは懐疑派が思っていたよりもずっと再生力があることがわかった)。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    一流の磨き方

    一流の磨き方

    浜野安宏 著

    定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    「一流」とは、上流でも、中流でも、下流でもない。お金で買える高級品でもない。一流とは「とらわれない力」であり、孤独であり続ける力。膨大な「経験」に裏打ちされて、しっかり底光りするものであり、仕事や遊びの時間と質が、人を本物へと磨き上げるものである。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    ブレット・スティーブンズ [WSJ外交問題コラムニスト・論説欄副編集長]

     

    ウォールストリート・ジャーナル紙外交問題コラムニストおよび論説欄副編集長。2013年にピューリッツァー賞(論説部門)を受賞。ニューヨークで生まれメキシコで育つ。シカゴ大学(学士号)とロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(修士号)で学ぶ。エルサレム・ポスト紙編集主幹(2002~2004年)。家族と共にニューヨーク在住。

     

     

    藤原朝子[学習院女子大学]

     

    学習院女子大学非常勤講師。フォーリン・アフェアーズ日本語版、ロイター通信などで翻訳を担当。訳書に『撤退するアメリカと「無秩序」の世紀』(ダイヤモンド社)、『ハーバードビジネススクールが教えてくれたこと、教えてくれなかったこと』(CCCメディアハウス)、『未来のイノベーターはどう育つのか ―― 子供の可能性を伸ばすもの・つぶすもの』(英治出版)など。

     


    撤退するアメリカと「無秩序」の世紀

    イスラム国、クリミア半島、アフガニスタン、尖閣諸島……
    世界各地で頻発する危機の背景にはアメリカの驚くべき方針転換があります。
    いま世界で何が起きているのでしょうか。そして、日本はどう対処すべきでしょうか。ピューリッツァー賞受賞のWSJコラムニストが、歴史とデータから世界の秩序の崩壊を丹念に分析していきます。
    アメリカがもしも「世界の警察」の役割を放棄したとき、中東・ロシア・中国はいかなる行動に出るでしょうか。日本もまた世界情勢から無関係でないことを、イスラム国による後藤健二さん・湯川遥菜さん殺害で思い知った今、本連載で世界秩序の行く末を占います。

    「撤退するアメリカと「無秩序」の世紀」

    ⇒バックナンバー一覧