長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉
【第14回】 2015年5月14日 樋口直哉 [小説家・料理人]

酒は飲まず、好物は餅に団子。名医の指導も受けた毛利元就

※享年(数え年で表記)
イラスト/びごーじょうじ

 安芸(現在の広島県西部)という小さな国の領主から、一代で中国地方の覇者となった武将、毛利元就。勝率で考えると最も戦に負けない武将だったという説もある。周辺に強力な大名たちがひしめき合う中、着実に勢力を広げ、やがて中国地方をまとめた。

 長生きは家系とよくいわれるが、元就の場合、父親も兄も若くして亡くなっている。原因は酒の飲み過ぎ。それを間近で見ていた元就は酒を飲まず、禁酒を家訓とした。このことからも彼が健康に気を配っていたことがわかる。

 もっとも禁酒は家訓ではあるが、他人に強要するようなことはなかった。江戸時代の軍記物『吉田物語』には、もてなす時には酒好きには酒を、下戸には餅を振る舞い、人心を掌握したとある。

 餅や団子は元就の好物としても知られる。今ほど調理技術が進んでいなかった中世では餅は贅沢品だが、消化がよい割に腹持ちがいい。栄養学的には餅は少し食べるだけで高いエネルギーを摂取することができるのが特長。ご飯1杯を食べることが難しくても、餅ならするりと食べられる。喉に詰まるリスクには十分注意する必要があるが、食が細い人にも薦められる食べ物だ。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

樋口直哉 [小説家・料理人]

1981年生まれ。服部栄養専門学校卒。料理人として活動する傍ら、2005年、『さよならアメリカ』で群像新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。ほかの作品に『月とアルマジロ』(講談社)、『大人ドロップ』(小学館)、『星空の下のひなた。』(光文社)、『ヒマワリのキス』(徳間書店)、『アクアノートとクラゲの涙』(メディアファクトリー)がある。

 


長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉

1日でも長く生きたい――。きっと多くの人が望むことだろう。では、実際に長生きをした人たちは何を食べてきたのか。それを知ることは、私たちが長く健康に生きるためのヒントになるはずだ。この連載では、歴史に名を残す長寿の人々の食事を紹介。「長寿の食卓」から、長寿の秘訣を探る。

「長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉」

⇒バックナンバー一覧