ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

サムスン失速が招く韓国不安定化で向かう矛先

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第376回】 2015年5月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo:Naoyoshi Goto

会長の後継者問題と
成長鈍化に直面するサムスン

 サムスンのカリスマ経営者である、イ・ゴンヒ会長は昨年5月に心筋梗塞で倒れた後、今でも療養生活が続いている。イ・ゴンヒ氏の後継者と見られる、同氏の長男のイ・ジェヨン・サムスン電子副会長は、近日中に正式に会長に就任するとの観測もある。

 重要なポイントは、イ・ゴンヒ氏がサムスンを世界のスマートフォン市場でアップルと並ぶ有力企業に育て上げたような力量を、後継経営者が発揮できるか否かだ。

 足元のサムスンの業績を見ると、今年1~3月期の売上高は前年同月対比マイナス12.4%の約47兆ウォン(約5兆1700億円)、営業利益は同マイナス30.5%の約5兆9000億ウォン(約6490億円)だった。

 売上高・営業利益ともに水準としては高いものの、同社の成長には陰りが見え始めている。その背景には、世界のスマートフォン市場での競争激化がある。アップルのiPhone6と6 Plusの堅調な推移によるサムスン製品のハイクオリティー部門での伸び悩みに加えて、ローエンドの分野ではシャオミなど中国メーカーの追撃を受けている。

 サムスンの成長鈍化は、単に同社の問題にとどまらない。同社は韓国のGDPの約2割を稼ぎ出す大黒柱だ。その大黒柱の伸び率が鈍化することが、韓国経済に与える影響は計り知れない。欧米の経済専門家とメールのやり取りをしても、韓国経済の行方に懸念を持つ見方が増えている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧