ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

“爆買い”されるお土産はどうしたら生まれるか

中国人観光客のカスタマージャーニーを検証する

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第78回】 2015年5月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

人気のお土産は
メードインジャパン温水便座

 最近、当社に持ち込まれる相談案件の中で急激に増えているのが、どうしたら、訪日外国人観光客に自社商品を購入してもらえるかという、いわゆるインバウンド消費への対応策です。

 インバウンド消費の過熱ぶりについては、第71回でもご紹介しましたが、今年も中国からの観光客が、春節休暇(2月18日~24日)を使って日本の観光地にどっと押し寄せました。彼らがすさまじい勢いで、大量に買い物をする様子を“爆買い”と呼び、それを多くのメディアが報じていたことは記憶に新しいでしょう。

 その後も中国人の訪日ラッシュの勢いは衰えることなく、清明節休暇(4月3日~5日)や労働節休暇(5月1日~3日)にも、花見やショッピングをしに日本にやって来た多くの中国人観光客の姿を日本各地で見ることができました。

 日本経済新聞の4月10日付記事によれば、3月15日から4月15日までの1ヵ月間で日本を訪れた中国人は35万人(2014年の2倍)に上り、彼らが滞在期間中に消費した金額は70億元(約1370億円)に達したといいます。

 この“爆買い”は、李克強(リー・クーチアン)首相が公の場でコメントするなど、中国国内でも大きな話題となったそうです。

graph■中国の人が春節の日本旅行中に買ったモノランキング ホットリンクの「新浪微博」調査結果発表資料より抜粋。注:購入したことをソーシャルメディアに書き込んでいたものをカウント。商品として目立ったものは独立でカウント /普千(上海)商務諮訊有限公司 宮田将士氏が作成
拡大画像表示

 中国人観光客は、日本で何をそんなにたくさん買ったのでしょうか。

 ソーシャル・ビッグデータの分析を行うホットリンクが、中国のミニブログ「新浪微博」(シナウェイボー)のデータを調査したところ、今年の春節休暇に訪日した中国人観光客が購入した日本製品の人気ランキングでは、医薬品、化粧品、生活雑貨、家電、食品などが上位を占めました。

 その中で、日本製の温水洗浄便座が第3位にランクインしています。「なぜ、温水便座?」という率直な疑問よりも、もはや、「どうやって持って帰るのだろう」という余計な心配すらしてしまうほど、中国人観光客には何でも買っていくイメージが定着しています。

 いったいなぜ、中国の人はわざわざ日本に来て“爆買い”をするのでしょうか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧