ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シンプルに考える
【第5回】 2015年6月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
森川亮

LINE(株)CEOを退任した森川亮氏が初めて明かす!
「動物園」を出よう。「野生」を生きる者が生き残る!

1
nextpage

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE(株)CEO退任後、ゼロから新事業「C CHANNEL」を立ち上げた森川亮氏は、何を考え、何をしてきたのか?本連載では、待望の初著作『シンプルに考える』(ダイヤモンド社)から、森川氏の仕事術のエッセンスをご紹介します。

「動物園」で飼育されるような人生はイヤだ

 「お金」と「名誉」──。
 これは、人間にとって非常に魅力的なものです。

 しかし、僕は、これらをモチベーションに働くのはむしろ危険だと考えています。理由はシンプルです。「お金」や「名誉」を手に入れると、それを守ろうとしてしまうからです。その結果、新しいチャレンジができなくなり、自分の成長を止めてしまう。それは、とても恐ろしいことだと思うのです。

 かつて、僕は怖くなったことがあります。
 日本テレビで働いていたころのことです。当時、僕は驚くほどの高給をもらい、日本テレビに勤めているというだけで周りからチヤホヤされていました。しかし、広く社会を見渡せば、自分の実力がどの程度のものか痛いほどわかっていました。自分の本当の市場価値に比べて、あまりに高い給料とステータス。「このままじゃ、ダメになってしまう」と怖くなったのです。

 だからこそ、インターネット・ビジネスの世界で自分の価値を高めたいと、より一層仕事にのめり込んでいきました。そして、日本テレビはインターネット・ビジネスの専門部署までつくってくれました。張り切った僕は、大学院でMBAを取得。ネットを活用した新規ビジネスを次々と仕掛けていきました。

 しかし、社内のカベが厚かった。なかなか、思うように仕事を進めることができなかったのです。どうしてもテレビ局の本業は放送事業。僕がやろうとしていたインターネット・ビジネスは、放送事業に携わっている人達にとっては、ある意味邪魔な存在だったのです。そのことに気づいた僕は、再び退職を決意。33歳のときでした。

 まったく躊躇しなかったと言えば嘘になります。会社に残れば、将来の生活も保証され、社会的なステータスもある。それを手放すのが惜しい気持ちもありました。

 だけど、このとき思いました。それにしがみついて、やりたいことをあきらめるような生き方はしたくない。それはまるで、動物園で飼育されるような人生だ、と。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


森川亮 

1967年神奈川県生まれ。1989年筑波大学卒業後、日本テレビ放送網に入社。幼少時から一貫して音楽を続けてきたこともあり、音楽番組の制作を希望するもコンピュータシステム部門に配属。本格的にコンピュータを学ぶ。インターネットの登場に刺激を受け、ネット・ビジネスに傾倒。ネット広告や映像配信、モバイル、国際放送など多数の新規事業立ち上げに携わる。仕事のかたわら青山学院大学大学院にてMBAを取得。2000年にソニー入社。ブロードバンド事業を展開するジョイントベンチャーを成功に導く。2003年にハンゲーム・ジャパン株式会社(後にNHN Japan株式会社、現LINE株式会社)入社。4年後には日本のオンライン・ゲーム市場でナンバーワンとなる。2007年に同社の代表取締役社長に就任。2015年3月にLINE株式会社代表取締役社長を退任、顧問に就任。同年4月、動画メディアを運営するC Channel株式会社を設立、代表取締役社長に就任した。


シンプルに考える

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE㈱CEO退任後、注目の経営者がはじめて明かす「仕事の流儀」!

「シンプルに考える」

⇒バックナンバー一覧