経営×総務

複雑怪奇な企業研修で自己満足に浸る人事部
本当に能力が上がる研修の秘訣とは?

難解な研修ばかりを好む人事部
実は数百人相手でも講師は1人で十分

 話法のロールプレイングや、事例のディスカッションなどが主体の、演習形式の社員向けトレーニングを導入している企業は多い。講師として実施準備をしていると、クライアントである企業の人事部門や教育部門の担当者から必ず聞かれる質問は、「何人規模で実施することが適当でしょうか」というものだ。

複雑怪奇な研修を行って自己満足にひたる人事部は数多い。「こうでなければ」との思い込みが、効果の上がる研修を妨げているのだ Photo:imtmphoto-Fotolia.com

 私は、その質問に、たいてい「当初は20人程度で実施することで、効果を極大化できると思います。しかし、参加者が慣れてきますと、何人でも実施できますよ」と回答する。

 すると、必ず怪訝な表情をされる。「え、100人でも、200人でも実施できるとおっしゃるのですか?」と問われるのだ。「はい、そのとおりです。150人でも、500人でも、実施いたしますよ」というやりとりを、たいてい繰り返す。

 そのような大人数での演習など、「多くのトレーナーが必要となり効率が悪い」、「メイントレーナーが統制できるはずがない」、「難易度の高いレベルのトレーニングができない」、「きめ細かな個別指導ができるはずがない」など、人事部門、教育部門の担当者からは、異論、反論が山ほど上がる。

 実は、こうした異論、反論が上がること自体、企業内トレーニングが役立っていると思われず、行き詰まり、閉塞的な状況に陥っている証であると思わざるを得ない。

 数百人規模の演習では、多くのトレーナーが必要となり効率が悪いと思われる方が多いかもしれないが、実は、1人のトレーナーで実施することは可能だ。保険会社時代は、毎月入社する数十人から最大150人の新入社員へ、基本的に私1人で演習を進行した。

 ある大学の第1学年の学生約500人に演習させていただいたこともある。最近は、就職活動中の学生の方々を対象としたWeb会社説明会で、Webでログインしている約200人の方々へライブカメラで演習させていただいたこともある。1人で数百人の演習が実施できれば、その点だけからみれば、効率は高いと言えるのではないか。

経営×総務 特集TOPに戻る



 

 

 

 

 

 

山口 博

やまぐち・ひろし/慶應義塾大学法学部政治学科卒(サンパウロ大学法学部留学)、長野県上田市出身。国内大手保険会社課長、外資系金融保険会社トレーニング・シニア・マネジャー、外資系IT人材開発部長、外資系企業数社の人事部長、人事本部長歴任後、現在、コンサルティング会社のディレクター。横浜国立大学大学院非常勤講師(2013年)、日本ナレッジ・マネジメント学会会員。近著に『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社、2016年3月)がある。

 


トンデモ人事部が会社を壊す

サラリーマンの会社人生のカギを握る人事部。しかし近年、人事部軽視の風潮が広まった結果、トンデモ人事部が続々と誕生している。あっと驚く事例をひもときながら、トンデモ人事部の特徴や、経営陣がすべき対処法などを探っていく。

「トンデモ人事部が会社を壊す」

⇒バックナンバー一覧