ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シンプルに考える
【第18回】 2015年6月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
森川亮

LINE(株)CEOを退任した森川亮氏が明かす!
「未来は読めない」と思って生きなければ、危険!

1
nextpage

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE(株)CEO退任後、ゼロから新事業「C CHANNEL」を立ち上げた森川亮氏は、何を考え、何をしてきたのか?本連載では、待望の初著作『シンプルに考える』(ダイヤモンド社)から、森川氏の仕事術のエッセンスをご紹介します。

人生に「まっすぐな道」など、ない!

 人生には「まっすぐな道」がある──。

 若いころ、僕はそう思っていました。
 いい大学を出て、いい会社に入って、真面目に仕事をすれば、出世もして、給料も増えて、子どもも成長して、幸せな老後が待っている。そんな「まっすぐな道」があると思っていたのです。世間一般で信じられていることを、なんとなく信じていたのでしょう。そして、その「まっすぐな道」から外れるのは、少々怖かった。

 しかし、僕は途中で、その「まっすぐな道」を捨てて生きてきました。自分がやりたいことを追求して生きていきたいと思ったからです。道なき道を行くのは、決してラクではありませんでしたが、世の中に少しでも価値を提供できるように、一日一日を懸命に生きることで、なんとかここまでやってくることができました。

 そして、今はこう確信しています。
 明日のことすらわからないのが、人間にとって普通のことなんだ、と。

 かつての僕が思い描いていたような「まっすぐな道」など、ただの幻想。むしろ、未来はわからないと思って生きないと危険です。特に、現代のように変化の激しい時代には、「いつ何が起きるかわからない」と常に緊張感をもっていなければならない。

 だからこそ、感性が研ぎ澄まされていく。変化に備えて準備をする。そして、変化が起きたときには、機敏に対応する。そんな野性的な生命力が養われるのです。逆に、「まっすぐな道」を信じたり、誰かが未来を教えてくれると期待して、その現実と向き合わずに、日々を漠然と生きるのがいちばん危ないのです。

 いわば、人間は世界に放り出されているようなもの。そこに、決まった道などありません。人間は、どこまでも自由なのだと思います。すべては、自分が決めること。どんな仕事をするか、仕事とどう向き合うか、どんな会社で働くか、何を大切にして生きるか……。その選択で、人生は決まっていくのだと思うのです。

 もちろん、常に不安です。
 でも、それがこの世の現実なのだから、むしろ、その不安を楽しんだほうがいい。未来がわからないからこそ、可能性が無限大にあると考える。そして、その可能性に自分を賭けていく。そのような生き方が大事なのだと思います。

 世の中には、100%いいものはありません。どんなものにも、いい面と悪い面がある。大事なのは、そのいい面を見て、ものごとをポジティブに考えることではないでしょうか。

 たしかに、「未来がわからないこと」「変化が激しいこと」にはネガティブな側面があります。しかし、「将来が不安だから挑戦しない」「変化が速いからついていけない」などと考えても、何も価値あるものを生み出すことはできません。むしろ、「未来がわからないからこそ可能性がある」「変化が激しいからこそチャンスがある」と考えて、積極的に生きたほうがいいと思うのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


森川亮 

1967年神奈川県生まれ。1989年筑波大学卒業後、日本テレビ放送網に入社。幼少時から一貫して音楽を続けてきたこともあり、音楽番組の制作を希望するもコンピュータシステム部門に配属。本格的にコンピュータを学ぶ。インターネットの登場に刺激を受け、ネット・ビジネスに傾倒。ネット広告や映像配信、モバイル、国際放送など多数の新規事業立ち上げに携わる。仕事のかたわら青山学院大学大学院にてMBAを取得。2000年にソニー入社。ブロードバンド事業を展開するジョイントベンチャーを成功に導く。2003年にハンゲーム・ジャパン株式会社(後にNHN Japan株式会社、現LINE株式会社)入社。4年後には日本のオンライン・ゲーム市場でナンバーワンとなる。2007年に同社の代表取締役社長に就任。2015年3月にLINE株式会社代表取締役社長を退任、顧問に就任。同年4月、動画メディアを運営するC Channel株式会社を設立、代表取締役社長に就任した。


シンプルに考える

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE㈱CEO退任後、注目の経営者がはじめて明かす「仕事の流儀」!

「シンプルに考える」

⇒バックナンバー一覧