ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

シャープ液晶事業、残留経営陣の下で深まる迷走

週刊ダイヤモンド編集部
2015年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

取締役の退任を求める株主らの怒号が飛び交った、シャープの株主総会。明解な構造改革の道筋すら示せず、歯切れの悪い回答を繰り返す首脳陣の下で、時に同社の屋台骨を支え、また業績悪化の元凶となってきた液晶事業が、いよいよ迷走し始めた。(「週刊ダイヤモンド」編集部 中村正毅)

取締役の選任議案に反対した少数派の株主たちの声は、シャープの首脳陣に果たしてどこまで響いているか
Photo by Masaki Nakamura

 「株主をばかにするのもいいかげんにしろ」「経営トップの責任の取り方に不信感が芽生えている」「社長がそのまま居座るなんて考えられない」

 経営再建中のシャープが、6月23日に大阪市内で開催した株主総会は、荒れに荒れた。

 過去最大となる5453億円の連結最終赤字を計上した2年前の総会は、所要時間が2時間23分。それが今年は、例年の2倍以上となる延べ23人もの株主が質問台に立ち、所要時間は過去最長の3時間23分に及んだ。

 「聖域なき構造改革」をうたいながら、2015年3月期に2223億円もの巨額赤字を計上し、それでも経営のトップ3人が辞めないという状況に、株主から相次いで怒りの声が出たのは無理もない。

 「私が中心となって作った新たな中計を達成することが、使命だと考えている」(高橋興三社長)

 事前に用意していた想定問答を、棒読みするような回答が火に油を注ぐ悪循環の中で、総会の終盤、高橋社長が珍しく感情をあらわにする場面があった。

 それは、ある株主から「業績を悪化させておきながら、仲良し3人組の2人(水嶋繁光会長と大西徹夫副社長兼執行役員)が残る基準は一体何なのか。教えてほしい」と問われたときだ。

 高橋社長が気色ばんだように「仲良しでは(経営は)やっていられない。メディアがそう書いているだけだ」と、想定問答を無視して語り始めたのだ。

 ただ、その後は気を取り直したように「水嶋は代表権がなくなったので、いわゆる渉外をメインでやっていく。大西は取締役を外れるが、売り上げの約3分の1を占める液晶事業で、カンパニー長を支える構造改革担当に専念する」と、質問に正面からは答えず、人事異動の情報を伝えるだけの回答にとどめた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧