ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トンデモ人事部が会社を壊す

草食系のゆとり世代を
ヤル気にさせる会話テクニック

山口 博
【第26回】 2015年7月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 社会人や学生向けの演習型の能力開発プログラムを実施していると、大学生から20代後半の、いわゆる「ゆとり世代」と、30代以降とで、演習への参画の状況が大きく異なることがわかってきた。

 ゆとり世代と、シニア世代とでは、組織における言動に、どのような隔たりがあるのだろうか。あくまで、能力開発プログラムへの参画状況を通しての観察結果と演習結果をふまえての見解であるが、特徴を整理してみた。

ゆとり世代の3つの特徴
「おっとり」「安定」「受動的」

 私には、ゆとり世代には、以下の3つの特徴がみられるように思える。まずは、参加意欲や全般的な言動については、ガツガツ型ではなく、おっとり型であり、積極的というよりは消極的であると言える。

指示・命令は聞いてもらえない。ゆとり世代の教育に戸惑うシニアは少なくない

 次に、モチベーションの変動に影響を受けやすい要素を考えてみると、目標達成ができたり地位や権限が得られたりするということよりも、安全や安定が維持されるかということや、公私のバランスがとりやすいということに、影響を受けやすいことがわかっている。

 さらに、合意形成にあたっては、議論を戦わせて合意形成する能動性は低く、受動的である。ゆとり世代のストレス耐性は、シニア世代に比較して低いことが、演習の状況からも見受けられる。

 これらの特徴は、どちらが良いか、悪いかという観点ではなく、各々の世代が持つ特徴として、捉えるべきだろう。ゆとり世代が、ガツガツ型ではなくおっとり型であることは、意欲がかき立てられるまで時間がかかるが、一度かき立てられたら、そのレベルを長く維持しやすいという特徴があると言える。

 意欲がかき立てられる要因は、目標達成や地位や権限を得ることによってではなく、安全な安定した状況や、公私のバランスが保てる特徴があるということだ。また、能動性が高くないが、調和型なので、他者の巻き込みに関する配慮のレベルは高いという特徴がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山口 博

やまぐち・ひろし/慶應義塾大学法学部政治学科卒(サンパウロ大学法学部留学)、長野県上田市出身。国内大手保険会社課長、外資系金融保険会社トレーニング・シニア・マネジャー、外資系IT人材開発部長、外資系企業数社の人事部長、人事本部長歴任後、現在、コンサルティング会社のディレクター。横浜国立大学大学院非常勤講師(2013年)、日本ナレッジ・マネジメント学会会員。近著に『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社、2016年3月)がある。

 


トンデモ人事部が会社を壊す

サラリーマンの会社人生のカギを握る人事部。しかし近年、人事部軽視の風潮が広まった結果、トンデモ人事部が続々と誕生している。あっと驚く事例をひもときながら、トンデモ人事部の特徴や、経営陣がすべき対処法などを探っていく。

「トンデモ人事部が会社を壊す」

⇒バックナンバー一覧