ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
男の復権 ~女は男を尊敬したい~
【第3回】 2008年10月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
池内ひろ美 [夫婦・家族問題コンサルタント]

「ちょいモテおやじ」に憧れるな!

1
nextpage

 男性誌が発信した「ちょいモテ」「ちょいワル」。

 世間で流行っているからと迎合し、まわりの評判だけに流されるのはワルではない。

 だいたい、「ちょい」とエクスキューズする根性がすでにダメなのではないか。

 女性にモテたいなら、モテたいと言えばいい。ワルならワル、善なるものはヨシとしてほしい。少し曖昧にすることで初めから逃げを打つ性根が透けて見える。

 ちょいモテおやじは、自分のことを軽く卑下しながら威張る。なぜ軽く卑下するかといえば、自分は高学歴の大企業エリートであり勝ち組っぽいと思っているからだろう。

 だから、ちょっとしたお洒落を楽むことのできるオレってイケてる? と語尾を上げる。いい大人が語尾を上げて喋るのはみっともない。

お金にあかした
“下心”より“男気”

 お金があることは悪いことではない。自由になるお金がないよりもあるほうがずっといいに決まっている。今の日本で社会的生活を営むには、ある程度のお金を持たなければ、人は浅ましく卑屈になることもあるだろう。卑屈な男はカッコ悪い。

 女性や部下と食事をしたら、さらりと代金を払ってほしいし、帰りのタクシーに同乗する(女性と2人きりは危険だが)ときには彼女や部下を先に降ろして自宅へ戻るくらいのこともできるだろう。近ごろ、女性が1人でタクシーで帰宅するため乗車できる車を停め、運転手に行き先を告げて料金を預ける男性も減ってきた。

 それは金にあかした下心あってのことではない、男気であってほしい。

 ところがちょいワルおやじになりたい男性は、お金がすべてだと思っているふしがある。お金で買うことのできる自由や時間はあるが、お金だけがすべてではない。

 お金に対する考えかたは、それを持つ者に嫉妬したり、相手を引きずり下ろしたいなどとケチ臭いものではない。地位やお金を持つ者にインスパイアされ、それらを目標とし、手に入れていくのである。そしてきれいに使ってほしい。

 金でなんでも買えると豪語したIT長者であっても、国会の議席ひとつ、判決ひとつ買うことはできなかった。わらわらと群がる女どもを買うことはできても、彼を心から愛するただ1人の女性を買うことができるだろうか。平気で売るヤツを買うことはできるが、買うことのできない類いのものは買うことができない。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


池内ひろ美 [夫婦・家族問題コンサルタント]

1961年岡山市生まれ。96年「東京家族ラボ」を設立。精神科医、弁護士等と協力体制をとり、総合的な家族問題カウンセリング等を行なう。テレビ出演や講演も多数。著書に「夫婦再生レッスン」(健康ジャーナル社)、「良妻賢母」(PHP新書)ほか。

・池内氏主宰サイト「池内ひろ美オフィシャルサイト」「東京家族ラボ」「ファミリー・クラブ」

・池内氏ブログ『池内ひろ美の考察の日々』


男の復権 ~女は男を尊敬したい~

夫の平均小遣い36000円、失われる父親の威厳、激増する熟年離婚、etc・・・。男が生きにくい時代だからこそ、もっと素敵な男性が増えてほしい。女というフィルターを通して、『男の復権』について考える。

「男の復権 ~女は男を尊敬したい~」

⇒バックナンバー一覧