ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

資産配分計画の変更サイクル

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第79回】 2009年5月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 昨年度の大幅かつ急速な株価下落に直面して、多くの機関投資家が、資産配分をどのようにコントロールすべきか悩んだようだ。

 たとえば『年金情報』誌を読むと、年金基金では、「リバランス」をやるかやらないかで悩んだり、運用委託先に対してロスカット・ルールをつくったり、あるいはオプションなどを使って損失を限定する運用を検討したり、いくつかの対策を検討しているようだ。

 補足すると、リバランスとは「バランスを取り直す」ことだが、たとえば株式の組み入れ率を30%としているときに、株価だけが2割下がると、組み入れ率はざっと25%程度になる(24%÷94%)ので、これを再び30%に近づける操作を指す。計画からの一定の乖離があったときにリバランスを実行すると結果がよいというデータがしばしば示されることもあり、ある程度機械的にリバランスを行なうことをルール化している基金が多数ある。オプションなどデリバティブを使ったリスクヘッジは、かつて「ポートフォリオ・インシュランス」と呼んでいたものの焼き直しだ。

 率直にいうと、これらの対策はいずれも小手先の対応であって、こうしたことを考える以前に、前提条件となっている運用計画全体のあり方を見直す必要がある。

 年金基金の運用は、おおむね5年程度のサイクルで策定される「長期基本ポートフォリオ」をベースとして、これを1年単位で小幅に修正するようなかたちで計画・実行される。年金は長期的な資金の運用だから、運用自体もゆったりしたものでいいはずだ、という先入観が多分にあるし、運用の計画や実績を加入者や母体企業に開示して合意形成しなければならないという実務上の要請もあって、このようなスタイルになる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧