ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「本業×社会活動」パラレルキャリアを始めよう!――「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる
【第7回】 2015年8月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
石山恒貴 [法政大学大学院政策創造研究科教授]

アイデアの質と量が飛躍的に向上!
パラレルキャリアの学習効果

1
nextpage

パラレルキャリアのさまざまな側面

 前回まで、パラレルキャリアのさまざまな側面についてお話ししてきました。「2枚目の名刺を持つということ」「サードプレイス的な集まりという性格があること」「元気なシニアが増えること」「単純に楽しいし大人の部活動のようなものであること」「シェアド・リーダーシップを促す特徴があること」などです。

 シェアド・リーダーシップを身につけていくことは、まさにパラレルキャリアの学習効果のひとつです。しかしパラレルキャリアには、それ以外にも多くの学習効果があります。

パラレルキャリアにはこんなに学習効果がある

 では、パラレルキャリアにどんな学習効果があるのでしょうか?

 主な学習効果を以下にまとめてみましょう。

 1.シェアド・リーダーシップ
 2.多様性と曖昧さに慣れる(メンタルタフネス、レジリエンス)
 3.ゼロベースで実験を繰り返す、失敗を歓迎する(デザイン思考)
 4.自分の「暗黙の前提」を常に見直す(視野の拡大)

ふだん会えない人たちと地位や肩書抜きで対話を楽しむ

 これまで連載で説明してきました、プロボノ、サポートプロジェクト、サードプレイス、いずれも、業界、会社、職種、年齢、性別、地位、役職に関係なく、さまざまな人々が集まります。

 つまりパラレルキャリアとは、サードプレイスの特徴でもある、ふだん会えない多様な人たちと地位や肩書抜きで対話を楽しめる場であるというところが学習のポイントになります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

坪井 賢一 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
元経済・ビジネス誌編集長が、社会人が知っておくべき最低限の経済学の知識を厳選!ミクロ、マクロ経済学の知識に加え、「知らないとヤバい10大経済ニュース」も紹介。これ一冊で、経済学の基本と仕事への応用、ニュースの見方、そして近代の経済史までわかる、社会人必読の経済学入門書です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/19~3/25)



石山恒貴 [法政大学大学院政策創造研究科教授]

一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科修了、法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。NEC、GEにおいて、一貫して人事労務関係を担当、米系ヘルスケア会社執行役員人事総務部長を経て、現職。人的資源管理と雇用が研究領域。ASTDグローバルネットワークジャパン理事、タレントマネジメント委員会委員長。NPOキャリア権推進ネットワーク研究部会所属。主な著書に『キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職7つの法則』(ダイヤモンド社)、『組織内専門人材のキャリアと学習』(日本生産性本部生産性労働情報センター)、翻訳に『サクセッションプランの基本』(ヒューマンバリュー社)がある。


「本業×社会活動」パラレルキャリアを始めよう!――「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる

本業をしっかり持ちながら、社会活動を行なうパラレルキャリア。社外のさまざまな人たちとチームを組み、ふだん経験できない活動を通し、課題解決力、発想力、リーダーシップが身につく! いま、パラレルキャリアが急増中!

「「本業×社会活動」パラレルキャリアを始めよう!――「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる」

⇒バックナンバー一覧