ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニューロビジネス思考で炙り出せ!勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹

脳科学でみる安保法案の議論が進まない理由

渡部 幹 [モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授]
【第31回】 2015年8月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

議論のポイントが分かりにくい
安保法案を巡る対立

 本連載「黒い心理学」では、ビジネスパーソンを蝕む「心のダークサイド」がいかにブラックな職場をつくり上げていくか、心理学の研究をベースに解説している。

 どの職場でも、ワーキンググループや○○コミッティー、あるいは審議会といった意思決定機関があり、様々な決定を行う。そういった集団意思決定機関の目的は、組織のために最も良い選択肢を見つけ出すことである。その過程で、意見の対立があれば、議論を尽くし、最良の決定を行おうとする。

 この機能は、どんな組織でも同じだ。国会でも、立法の是非を巡って審議が行われ、決定を行う。ご存じのように、ここ数か月、国会では大きな対立が起きている。安保法案についてだ。

賛成派も反対派も、議論のポイントを本当に熟知しているか。脳科学から読み解く、人間が陥りやすい罠とは?

 国会ばかりではなく、「反戦」を唱える団体も、デモや情報発信を行っている。彼らのロジックは、法案が可決されると「戦争が起こる」「徴兵制が施行される」というものだ。また、民主党をはじめとする野党は「安保法案は憲法違反」であることを根拠に反論している。

 これに対し与党は、法案は憲法違反ではないこと、法案は自衛のためであり、戦争や徴兵はない、としている。だがこれらのやりとりについて、国民に分かりやすく説明されているかどうかには疑問がある。実際のところ、安保法案の実態がどのようなもので、野党や市民団体の反対の根拠は、具体的にどこなのかが分かりにくい。どうも感情だけで、是か非かを断じてしまい、議論が尽くされていないように思えてしまう。

 実際には、安保法案の具体的な内容について紹介しているサイトも少なくないのだが、それらを読んでもピンと来ない。法案自体の内容が分かりにくいのもあるが、与野党の論戦のポイントがよく分からないのだ。

 このように感じているのは筆者だけではないだろう。だが、たぶん議論が進まないのは、法案の複雑さだけが原因ではない。そしてこのように、ある案件の対立があるときに、議論が一向に進まないのは、国会だけの問題ではない、ビジネス場面での意思決定でも、いつも起こっていることだ。

 安保法案もそうだが、こういったコンフリクトが起こるときは、感情が表に立ってしまうため、論理的な議論ができにくいことが多い。そして実は、ほとんどの場合、人は論理的に賛成反対を決めているわけではないのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

渡部 幹(わたべ・もとき)
[モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授]

UCLA社会学研究科Ph.Dコース修了。北海道大学助手、京都大学助教、早稲田大学准教授を経て、現職。実験ゲームや進化シミュレーションを用いて制度・文化の生成と変容を社会心理学・大脳生理学分野の視点から研究しており、それらの研究を活かして企業組織にも様々な問題提起を行なう。現在はニューロビジネスという大脳生理学と経営学の融合プロジェクトのディレクターを務めている。代表的な著書に『不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか』(共著、講談社刊)。その他『ソフトローの基礎理論』(有斐閣刊)、『入門・政経経済学方法論』、『フリーライダー あなたの隣のただのり社員』 (共著、講談社)など多数。


ニューロビジネス思考で炙り出せ!勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹

この連載の趣旨は、ビジネスマンのあなたが陥っている「ブラック」な状況から抜け出すための「心」を獲得するために、必要な知識と考え方を紹介することにある。社員を疲弊させる企業が台頭する日本社会では、「勝てない組織」が増えていく。実はその背景には、マクロ面から見た場合の制度的な理由がある一方、日本人の持つ国民性や心理もまた、重要な要因として存在する。そうした深いリサーチが、これまで企業社会の中でなされてきただろうか。本連載では、毎回世間で流行っているモノ、コト、現象、ニュースなどを題材として取り上げ、筆者が研究する「ニューロビジネス」的な思考をベースに、主に心理学や脳科学の視点から、その課題を論じていく。あなたは組織の「黒い心理学」を、解き明かすことができるか。

「ニューロビジネス思考で炙り出せ!勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹」

⇒バックナンバー一覧