ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

イチローの日米通算記録が米で高評価、「自虐球史観」はもう古い

相沢光一 [スポーツライター]
【第361回】 2015年8月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先週は清宮幸太郎(早実)、オコエ瑠偉(関東第一)、小笠原慎之介(東海大相模)、佐藤世那(仙台育英)といった注目選手がいるチームがベスト4に勝ち上がったこともあり、高校野球に話題が集まったが、そんな中、アメリカからうれしいニュースが飛び込んできた。

 イチロー(マーリンズ)のプロ野球通算安打数がMLBで第2位にランクされるタイ・カッブの4191を超えたというものだ。

 タイ・カッブはMLBで1905年から1928年まで24年間プレー。ルーキーイヤーを除いた23年間はすべて打率3割以上を打ち、4割以上も3回記録している。生涯打率はなんと3割6分7厘。通算安打数も1985年にピート・ローズに抜かれるまで1位を続けてきた。アメリカ野球殿堂入り第一号であり、「球聖」とも呼ばれている。

 イチローがその偉大なタイ・カッブの記録をピート・ローズに次いで超えたということでニュースになったのだ。

敵チームのイチローに拍手を送った
セントルイスでの感動的シーン

 ただし、イチローの通算安打数は日本のプロ野球(オリックス)の9年間で打った安打数1278本を加えたもの。もちろんMLBでは正式な記録として認めていないし、「そもそも国が異なるリーグの記録を合算すること自体、ナンセンス」という声がファンにはある。とくに熱心な野球ファンほど、その傾向は強いようだ。

 そうしたファンの受け止め方は、こんな感じだろう。「アメリカと日本では野球の質が違うし、選手の育成環境(層の厚さ)も異なる。イチローがすごい選手であることは認めるが、21歳でレギュラーに定着してヒットを量産できたのは日本のプロ野球だからであって、MLBではプレーできたかどうかも分からない。それを無理やり合算してMLBの記録を抜いたなどと騒いでいるのは日本のスポーツメディアだけだ」と。

 もっとも、このような受け止め方をしているのは、むしろ日本のファンの方で、アメリカのファンはそれをあまり気にしていないようなのだ。

 まず、記録達成のシーンにそれが表れていた。試合が行われたのは15日、対戦したセントルイス・カージナルスの本拠地・ブッシュスタジアム。2番ライトで出場したイチローは1回の表、ライト前にヒットを打って記録を達成したのだが、映像を見るとその瞬間は敵チームの選手のヒットということで球場内は静かだった。また、敵地ということもあって記録のアナウンスなどはなかったようだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧